あなたはどのアトピー治療を選びますか?

この記事を書いた人
Rato

中学生でアトピーが再発。
青春の10代20代の15年間はアトピーに苦しめられる。
薬による治療に限界を感じ、アトピーや健康に関する本や論文を読みあさり、1年でアトピーを治してしまった。
気づいたらアトピーのプチ専門家くらいの知識がたまり、アトピーで苦しむ方へ情報と経験を紹介している。

Ratoをフォローする

あなたは、初めて肌に湿疹(しっしん)が出てたとき、少し放っておけば消えるだろうと思い放置しませんでしたか?

けれど、なかなか症状は消えずにいつの間にか肌はひどく荒れて広範囲に広がっていき、やむを得ず皮膚科に行ったと思います。

皮膚科では、アトピー性皮膚炎と診断され塗り薬や痒み止めが処方され、薬を塗り始めると無事に症状が消えて、一安心しましたよね。

けれど、薬をやめたらまた症状が出てきた。

また薬を塗ればいいやと思い、薬を塗って症状を抑える。

もしあなたが同じような経験をしているなら、この先ずっとそれが続きます。

そう断言できるのは、僕がそんな生活を15年も続けてしまったからです。

症状が出たら、薬を塗るの繰り返し。いつからか、薬を塗っても症状が完全には消えなくなりました。

そしてようやく気づきました。いくら薬を使ってもアトピー性皮膚炎は治らないと。

もしあなたがアトピー性皮膚炎と診断されたばかりなら、安易に薬という治療の選択肢を選ぶ前にアトピー治療の選択肢を知っていただきたいです。

薬を使ってしまっている人も、一度立ち止まって治療の方向性について考えてみてはいかがでしょうか。きっと、より良い治療方針がみつかるかもしれません。

選択肢1:アトピーを薬で治療する

薬ーイメージ

大部分の人がアトピー性皮膚炎の治療を薬から始めてしまいます。

なぜなら、以下の理由があるからです。

・医者に行けば治してくれるという思い込み
・アトピー性皮膚炎について何も知らない
・アトピー性皮膚炎について調べることが難しいからやらない

したがって、皮膚科に行って診断を受けて処方された薬を使うのが一番自然な流れです。

たしかに処方されたステロイド軟膏プロトピック軟膏(ともに代表的なアトピー性皮膚炎の治療薬)などの免疫抑制剤(体の防御反応の免疫機能を低下させることでアトピー性皮膚炎を抑える薬)を使えば、一時的に症状が消えます。

最近は自分で打てる注射型のドュピクセントという免疫抑制剤も登場しています。

けれど、また症状は現れるため、また薬に頼る。一生この繰り返しです。

僕は、中学生でアトピー性皮膚炎が再発してから15年、ずっとこの繰り返しです。このままなら、生きている限り一生この繰り返しだと思います。

薬ビジネスの闇
薬代の搾取

薬で症状が治るなら、それで良いと思えるなら薬による治療もいいでしょう。

ただし、生きている限り薬代が負担となります。皮膚科もビジネスなので、なるべく多くの種類の薬を処方したがります。

例えば、ステロイド軟膏は、症状のレベル別に何種類もあることを知っていますか?

症状がひどい時用に強めのステロイド、症状が軽い時用に中程度の強さのステロイド、さらに体の部位によっても異なるステロイド剤が処方されます。

僕の場合は、顔専用、指専用、頭皮専用、そして体専用でした。

しかも、処方されるのはステロイド軟膏だけでなく保湿剤もあります。

ステロイドの薬害
薬代というデメリットに追い討ちをかけるのが、ステロイドやプロトピックといった免疫抑制剤を使う薬害です。
特に強いステロイドでは副作用があると報告されています。
 
免疫抑制剤は、その名のごとく免疫を低下させる薬です。そのため、身体の免疫力(防御力)は当然下がります。

防御力が低いところに細菌やウィルスが着くと、感染症にかかるリスクが高くなります。僕の場合は、ウィルス性のイボが手足や顔にできました。

イボは皮膚科に行って液体窒素(−196℃)で焼くという治療が一般的です。ここでも、皮膚科の売り上げに貢献してしまいました。しかも、液体窒素で皮膚を焼くとメチャメチャ痛いです。

痛くても治れば良いですが、免疫抑制剤を使っているため、液体窒素で一時的にウィルスを焼き殺しても、またウィルスは増加するので一向にイボ回復しませんでした。

従って、アトピー性皮膚炎の免疫抑制剤による治療それによる感染症の治療は、皮膚科にとってのこの上ないビジネスになります。 

アトピー性皮膚炎とその治療により生じる感染症の治療とセットで皮膚科の懐は潤いますが、あなたの皮膚は潤いません。

そこに貢献したいのであれば、薬での治療を止めません。

ただし、これだけは覚えておいて下さい。

皮膚科は、アトピーを完治させる気がありません
アトピー性皮膚炎の治療ガイドランは、「完治」を目標にしていません。完治させる気がないところへ行っても一生完治しないのは当たり前のことです。 

この事実に15年経ってようやく気づきました。無知は恐ろしいです。

選択肢2:アトピーを放置する

放置ーイメージ

もし、いづれ完治を目指すなら、薬を使う治療よりも何倍も何十倍も良い選択肢なのが、何もしないことです。

なぜなら、ステロイドなどの免疫抑制剤による薬治療を始めてしまうと、薬の試用量・期間に比例して完治が難しくなるからです。

免疫抑制剤の1番のデメリットは、ここにあります。アトピー性皮膚炎は治せる病気なのに、免疫抑制剤を使うことで治すのが難しい病気になってしまいます。

どれくらい治りにくいかというと、あくまでも目安ですがステロイド未使用の人が3ヶ月で完治をする治療が、ステロイド使用者だと早くても半年〜数年にかかってしまいます。

完治させる時の前提条件として、免疫抑制剤の使用の有無が大きく影響します。

従って、完治という視点から見るとアトピー性皮膚炎に対して何もしないという選択肢は薬の治療より何倍も何十倍も良いことになります。 

ただし、症状がひどいほど何もしないという選択は難しいと思いますが。

選択肢3:アトピーを自力で治す

頑張るーイメージ

アトピー性皮膚炎は自分で治せるの?と思うかもしれません。

ぼくが経験的に言えるのは、少なくともステロイドなどの免疫抑制剤を使わなくても、食生活や生活習慣を変えることで徐々に症状は回復していきます。

僕のアトピー治療経過
これまでに僕がこのブログで紹介してきたことを実行したら、ステロイド軟膏を使わなくても指の炎症は消え、手首の炎症もほぼ消えました

(追記:ある方法を試したらアトピーがみるみるうちに良くなりました。もちろんステロイドや医者で処方されたかゆみ止めは使っていません)

アトピー性皮膚炎は完治する治療方法が確立されていない症状のため、日々試行錯誤の繰り返しです。そのなかで、徐々に良くなっていることは間違いありません。

現時点では、脇の下、足の付け根、膝の裏首、顔に症状が残っているいので、自力で完治するとまでは言い切れません。けれど、ステロイドを使わなくても回復することは事実です。

自力のアトピー治療は簡単ではない、けれど道はある

ぼくは現在、毎日アトピー性皮膚炎の完治に役立つ情報を探しています。そして、あなたにも役立つと思う情報があれば随時配信しています。

けれど、僕が自力でアトピー治そうと思い、様々な情報を探し始めた頃は、何を信じて良いのか分からず、真っ暗闇を進むような感じでした。

けれど、あなたは違います。

僕がこれまでに積み上げてきた情報があります。その中からご自身で役に立ちそうに思えることがあれば活用して欲しいです。

どれが上手くいくのか、どれが回復を早めるのかは正直わかりません。けれど、かならず完治への道はあります

(追記:僕はアトピーが3ヶ月で苦にならないまでに回復しました。この方法を8つのステップにまとめています。知りたい方は読んでみてくださいね。)

あなたが変わることが治療の第一歩

あなたがアトピー性皮膚炎と診断されて、処方された薬を使う前でしょうか。それとも、僕のようにステロイドを長年使っていますか。

いずれにしても、アトピー性皮膚炎を完治するためには、あなた自身が変わる必要があります。

なぜなら、アトピー性皮膚炎が発症したのは、あなたがこれまでに身体に悪い生活習慣を積み重ねてしまった結果だからです。

アトピー性皮膚炎を完治させるには、生活習慣を変えなければなりません。

そのためにすべきことは、このブログで紹介してあります。

半年をかけてアトピー性皮膚炎の改善に繋がりそうな内容を調べてきました。アトピー性皮膚炎に関する本も30冊以上読みました。

その中から、役立ちそうな情報をこのブログで紹介しています。

生活習慣では自律神経や食生活の観点から見た大切なことを公開しています。さらに詳しく知りたい場合は、参考文献として読んだ本も記載しています。

自力でアトピー性皮膚炎を完治することは、簡単ではないです。けれど、少しずつでも出来ることから始めていけば完治に近づきます。

そして、その積み重ねが完治というゴールに導いてくれるはずです。

まとめ

まとめーイメージ

アトピー性皮膚炎の治療の選択肢は3つある

1つ目は一生治らない薬での治療

2つ目は何もしない

そして3つ目が最も大変(心身共に大変です)な自力での治療

コメント