アトピー性皮膚炎とアレルギー〜アレルギーの真の根本的原因とは〜

アトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギーの原因は、解明されていること、不明なところと様々です。

アレルギーの症状によっても、原因がわかっているものから、不明なものまであります。

僕もこれまでにアトピー性皮膚炎について調べる中でさまざまな要因を調べてきました。

ストレスや皮膚のバリア機能の低下や遺伝が原因という内容や、白血球が作り出す抗体のIgE(アトピーを引き起こす物質を無効化する成分)が原因だたりという内容を紹介しました。

アトピー原因は3種類ある
免疫と自律神経からみるアトピーの原因と治療法
アトピーを引き起こす現代社会の3つの原因

たしかにこれらがアトピーの原因になっていることは確かです。

しかし、これらの要因はあくまでもアレルギーが生じる出発点の原因ではありません。

例えるなら、ドミノ倒しで1つのドミノが倒れることを1つの減少とするなら、ストレスや皮膚バリアの低下などは、最初のドミノでは無く、倒れ始めていくつか倒れた後のドミノになります。。

ここでは、一番最初に近いドミノの症状をご紹介します。

結論から言えば、一番最初のドミノは分かりません。人によって違うことが考えられるからです。けれど、一番最初の原因によって引き起こされる症状は共通しています。

つまり、この共通する原因を治すことがアトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギーの完治のための治療方法になります。

誰でもアトピー性皮膚炎(アレルギー)になる可能性がある

意外かもしれませんが、実は誰でもアトピー性皮膚炎になる可能性があります。

原理を説明する前に前提となる知識からお伝えします。

そもそもアトピー性皮膚炎には何が関わっているかというと、体の防御システムである免疫です。

アトピー性皮膚炎では、からだに細菌やウィルスが入ってきた時にB細胞という白血球の1つが、武器として抗体と呼ばれる物質を作ります。

この抗体は、免疫グロブリンと呼ばれて、細菌に結合することで、細菌を無効化する働きがあります。

抗体が細菌と戦っている時にはアトピー性皮膚炎には問題ありません。

しかし、抗体が自分の細胞の1つである肥満細胞と結合してしまうことがあります。

肥満細胞と抗体が一緒になったところへ、再び細菌が侵入すると、肥満細胞と結合した抗体が細菌とも結合します。この結果、抗体から肥満細胞にヒスタミンという痒みを引き起こす指示が出ます。

このヒスタミンの作用で痒みを感じる感覚神経が敏感になり、少しの刺激で痒みが出たり、毛細血管への反応で血流が多くなり皮膚が赤くなります。

これが、アトピー性皮膚炎発症後に体のなかで起きている反応を簡単にまとめたものです。
詳細についてはこちらの記事を参照ください
アトピーで皮膚が赤くなる原因

ここからが、先ほどの誰でもアトピー性皮膚炎になる可能性があるという内容です。

先ほどのアトピー性皮膚炎の原理での中で、皮膚科での治療で注目しているのが、ヒスタミンを抑制することと、抗体をつくるB細胞(正確にはT細胞)の働きを抑制することです。

けれど、これでは根本的な治療にはなりません。なぜなら、そもそものアトピー性皮膚炎の原因は、免疫グロブリンが作り出す抗体が自分の細胞と反応してしまうことにあります。

いくらヒスタミンやB細胞の働きを抑えたところで、薬効果が切れて、細菌がまた侵入したら、症状が出るのは目に見えています。

言い換えれば、たとえアトピー性皮膚炎でない正常な人でも、細菌の侵入時にB細胞が作った抗体が自分の細胞と反応してしまったら、アトピー性皮膚炎になってしまうことを意味しています。

アトピー性皮膚炎に限らず、他の自己免疫疾患においても、同様のことが言えます。B細胞が作り出す抗体が自分の細胞やその一部を敵と判断してしまうことで、様々なアレルギー反応を引き起こしています。

従って、現在アレルギー反応がなくても、抗体がなんらかの要因で自分の細胞を敵と判断してしまうと、誰でもアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

ずべてのアレルギーからみるアレルギーの根本原因

先程、誰でもアレルギーになる可能性があり、その理由はB細胞の作る抗体が自分の細胞やその一部を敵と判断して攻撃をするためとお話ししました。

ちなみに、アトピー性皮膚炎以外でも自己の細胞を敵(抗原)と認識してしまう病気には以下のようなものがあります。

・アレルギー性鼻炎(花粉症)
・食物アレルギー
・気管支喘息
・アナフィラキシーショック
・自己溶血性貧血
・橋本病
・重症筋無力症
・グッドパスチャー症候群
・血清病
・全身性エリテマトーデス
・急性糸球体腎炎
・関節リウマチ
・シェーグレン症候群
・ツベルクリン反応
・シェーグレン症候群
・薬剤性肺炎
・ギラン・バレー症候群
・バセドウ病
などです。
他のアレルギーの紹介はこちらを参照ください。
アトピー性皮膚炎以外のアレルギーには何があるのか〜アレルギーの種類〜

このうち、橋本病とバセドウ病は、共に甲状腺のアレルギーですが、自分の細胞のうち敵と認識する部分が異なるため、症状も真逆になります。

どちらも脳にある甲状腺ホルモンを作り出す細胞の一部が敵と認識されてしまいます。

橋本病の場合は、甲状腺の細胞の一部の分子が敵と認識されてしまい、抗体が結合して最終的に細胞が破壊されてしまい、甲状腺ホルモンが作られなくなってしまう病気です。

症状としては、代謝の低下、冷え、記憶力の低下などがあります。

一方のバセドウ病が、甲状腺ホルモンをつくる甲状腺の細胞のレセプターが敵と認識されてしまいます。

このレセプターとは、脳からの刺激により甲状腺ホルモンを放出して体の健康を維持しています。

しかし、このレセプターに抗体が付くことで、脳の指令とは関係なく甲状腺ホルモンを放出するようになりアレルギー反応を引き起こします。

症状としては、高血圧、頻脈、発汗過多、精神不安定などがあります。

橋本病、バセドウ病、アトピー性皮膚炎に限らずいづれのアレルギーでもB細胞の作り出す抗体が自己の細胞に反応していることが原因です。

自己細胞と抗体の関係

冷静に考えると自分の細胞が敵と認識されてしまうことは変ですよね。

ふつうに考えれば、自分の細胞を攻撃していたら、誰しもがアレルギーになってしまいます。

その辺はさすがヒトのカラダということができます。

ヒトの体内では、B細胞が様々な敵(細菌など)に対応できるように、何種類もの抗体を作っています。このお陰で、体にとって未知の細菌が侵入してきても、防御システムとして機能します。

限りなく多い最近へ対処するためにB細胞もいくつも武器である抗体を作りますが、その中には自己の細胞を攻撃してしまう抗体ももちろん出てきてしまいます。

ヒトの体の凄いのは、この自分の細胞を攻撃してしまう抗体を排除する機能が2重で設けられていまう。これを自己免疫寛容(じこめんえきかんよう)と言います。

この自己免疫寛容によって、自分の細胞を攻撃する抗体を作るB細胞が消滅します。

しかし、アレルギーが起きるのは、自分を攻撃する抗体を作るB細胞がこの自己免疫寛容の2重の砦を突破してしまうからです。

この自己を攻撃する抗体を作るB細胞の自己免疫寛容の突破こそが、自己免疫疾患(アレルギー)の原因です。

なぜ自己免疫寛容を突破するかは分かっていませんが、自己細胞を攻撃する理由は2つ考えられています。

自己細胞を攻撃するB細胞の理由

この理由としては、2つ考えられています。

1つは、感染や薬物の利用により自分の細胞が変化したことで、敵とみなされてしまうという理由です。

もう1つは、交差反応と呼ばれるものです。自己の細胞に似た抗原が入ってくると、その抗原に対する抗体ができると、抗体が自分の細胞にも反応してしまうためです。

自己免疫寛容を突破するB細胞と自律神経

自己免疫寛容を突破するB細胞原因は分かっていませんという話をしましたが、ここに自律神経が関係していることは分かっています。

B細胞はそもそも白血球の1つですが、白血球は自律神経によって量が変動します。

自律神経の紹介は以前にしましたが、簡単に紹介すると自律神経は、自分の意思とは無関係に体の機能を調整してくれている神経です。そして、自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経は、体が活動的な時に優位になる神経です。副交感神経は体が休む時に優位になる神経です。

この自律神経が白血球とどのように関係するかというと、先程紹介した自分を攻撃する抗体を作るB細胞は、交感神経が優位時に少なく副交感神経が優位な時に多くなります。

ちなみに、交感神経は午前などの日中に優位になり、夕方や夜になるにつれて副交感神経が優位になります。

僕の例ですが、アトピー性皮膚炎の症状に変化がない時に、日中はほとんど痒みを感じないのに、夕方や夜になると一気に痒みが襲ってきます。

これは、自律神経と白血球の関係から明らかで、午前中は交感神経が優位のためB細胞が少ないため、自己細胞を攻撃する抗体も少なくなり痒みが抑えらると考えられます。

一方、夕方から夜になると副交感神経が優位になるのでB細胞が増えて痒みを生じる抗体が増えて痒みが酷くなると考えられます。

自律神経と白血球については、こちらを参照ください
アトピーの原因〜白血球について知る〜
アトピーの原因〜リンパ球を知る〜
アトピーの原因を知る〜免疫システムの仕組み〜
アトピーの原因を知る〜白血球と自律神経〜

まとめ

誰でもアレルギーになる可能性がある

アレルギーの原因は、B細胞が自分の細胞を敵と認識してしまうこと

体には自己細胞を攻撃する抗体を作るB細胞を排除する仕組みがある

自己細胞が敵となるのは、感染などの自己細胞の変異や自分の細胞に構造が類似した抗原に対する抗体が反応してしまうため

自律神経と白血球の数の増減に関わりがあり、アレルギーにも変わっている。

参考文献

病気になる体質を変える! 免疫健康学
カラー図解 免疫学の基本がわかる事典
まじめ」をやめれば病気にならない 簡単! 免疫生活術 

あわせてこちらの記事もどうぞ
免疫からみるアトピー性皮膚炎、花粉症、食べ物アレルギー、アナフィラキシーショック
アトピーを引き起こす現代社会の3つの原因
帰宅、夕飯、お風呂、寝る前にアトピーが痒くなる理由

コメント

  1. […] あわせてこちらの記事もどうぞアトピー性皮膚炎とアレルギー〜アレルギーの真の根本的原因とは〜アトピーを引き起こす現代社会の3つの原因帰宅、夕飯、お風呂、寝る前にアトピーが痒くなる理由 […]

  2. […] より詳しい免疫機能については、以前に紹介した記事をご覧ください。アトピーの原因を知る〜免疫システムの仕組み〜アトピー性皮膚炎とアレルギー〜アレルギーの真の根本的原因とは〜 […]