アトピー完治のステップ1<治療を始める前の心の準備>

アトピー治療で最も辛いのはかゆみではありません。

いきなりですが、あなたは本当にアトピーを完治させたいと思っていますか?

あなたはこれまでに、ステロイド軟膏やプロトピック軟膏など、様々な薬を試してみたけれど、結局アトピーが完治しないことにうんざりしていますか。

僕は、15年もステロイドを使い続けたけれど、アトピーが何度もぶり返し、心底うんざりしていました。

あななも同じ思いをしたからこそ、これを読んでいるのかもしれません。

僕は、2019年5月現在、脱ステロイドを達成して2ヶ月が経ちました。脱ステロイドを達成したもののアトピーの炎症は残っています。そこで、アトピーを完全になくす(完治)ための治療を行っています。

アトピーの治療は、脱ステロイドとは比べ物にならないくらい辛いです。正直、毎日心が折れそうです。

僕は、自分だけでなくアトピーで苦しむ全ての人がアトピーから解放された人生を送って欲しいと思っています。

だから、あなたにもアトピー治療を始める前に、「必ずアトピーを治す」と強い気持ちで決心してほしいのです。未来のアトピーから解放された自分を信じて。

想像を超えるかゆみ、痛み、寝不足に耐えられますか?

アトピー never give up

アトピー治療で本当に辛いのは、かゆみではありません。

記事の冒頭で出てきた文ですが、これが理由のため、あなたに強く決心して欲しいのです。

アトピー治療の最大の敵は痛みです

アトピーでかゆくても仕事はできます。
アトピーでかゆくても寝ることはできます。
アトピーでかゆくても家事はできます。

けれど、アトピーでかゆくて掻いた場所は、痛みに襲われます。

チクチクと針で刺されるような痛み、腫れたようにヒリヒリする痛み。

これらの痛みに襲われると最悪です。

痛くて服を着ていられません。
痛くて寝付くこともできません。
痛くて心が折れそうになります。

結果的に、睡眠不足になり集中力や注意力が散漫になり、仕事どころか日常生活ですら困難になってきます。

毎日のように夜中に何度も痛みで起きてしまい、寝不足で朝を迎えます。

僕も以前に、脱ステロイドをした方、アトピーを自力で治した方の記事を読む機会がありました。その中で、みんなが一時的な症状の悪化が辛いと書いていました。

僕はその時、この悪化を甘くみすぎていました。これは、経験しないとわからない辛さです。

だから、あなたにはアトピー治療を始める前に「どんな事があってもアトピーを治す」と、決心して欲しいのです。

とは言ったものの、出来ればこんなに辛い思いをしないでアトピーを治して欲しいと言うのが本音です。

だって、相当辛いからです。出来れば味わって欲しくない経験です。

こんなに辛い思いをしないために、あなたが治療を進めるにあたり、僕が治療の中で試行錯誤しながら掴んだアトピー治療のポイントをご紹介します。

そうすれば、最低限の辛さでアトピーを克服できると信じています。

そのためにも、まずはあなたに心の準備として「何としてもアトピーを治す」と決心して欲しいのです。

決心ができた方は、いよいよアトピーの治療に入っていきましょう。

NEXT

コメント