アトピー完治のステップ6<皮膚を作る高タンパク質の食事>

この記事を書いた人
Rato

中学生でアトピーが再発。
青春の10代20代の15年間はアトピーに苦しめられる。
薬による治療に限界を感じ、アトピーや健康に関する本や論文を読みあさり、1年でアトピーを治してしまった。
気づいたらアトピーのプチ専門家くらいの知識がたまり、アトピーで苦しむ方へ情報と経験を紹介している。

Ratoをフォローする

ステップ5での薬のやめ方は理解できましたか?次はアトピー完治に最も重要な栄養素であるタンパク質についてです。

このステップのでは、どのようにタンパク質を取り入れるのかについてのステップになります。

 

ところで、ステップ4で紹介したタンパク質が皮膚をはじめ体の多くの部分を作っていることを覚えていますか?

アトピーになる人は、タンパク質不足で皮膚が弱くなってしまいます。そのため、量でタンパク質を補う必要があります。

では、どれぐらいタンパク質を取れば良いのかが重要ですよね。

タンパク質の1日の最低摂取量は次のようになります。

1日の摂取量(g)=体重(kg)×1.5〜2g

例えば、体重が50kgの方なら、50×1.5〜2=75〜100gです。

あくまでも、最低減の量なので余裕をもって少し多めに摂ることに越したことはありません。

ただし、タンパク質を取るときに注意する点が2つあるんです。

  • 動物性タンパク質をとる
  • タンパク質をいきなり増やすとアトピーが悪化する

タンパク質には、動物性タンパク質と植物性タンパク質があります。

この内、動物性タンパク質をお肉や魚からとることが重要です。

なぜ動物性タンパク質が必要なのかの理由の前に、ご飯からとったタンパク質がどのように皮膚になるのかを簡単に説明します。

食事から摂取したタンパク質は、アミノ酸に分解されてから吸収されます。

吸収されたアミノ酸は、体内で再びタンパク質に合成されることで皮膚などの細胞になります。

体の細胞を作るのに必要なアミノ酸は、20種類あります。このうち、9種類のアミノ酸は体内で作ることができないため、食事から摂取する必要があります。

この9種類のアミノ酸は、必須アミノ酸と呼ばれ動物性タンパク質からしか摂ることができません。

動物性タンパク質の方が吸収効率が良いからです。

一般的に、動物性タンパク質は、約97%分解吸収されますが、植物性タンパク質を代表する豆類は約70%と吸収効率が悪いんです。

動物性タンパク質でなければ、十分な必須アミノ酸を吸収できないため、お肉や魚が重要になります。

ちなみに、動物性タンパク質は、肉、魚、卵、チーズなどから摂ることができます。

 

もう1つのタンパク質の注意点は、取りすぎるとアトピーが一時的に悪化することです。

タンパク質摂取量を最低でも体重(kg) x 1.5gとしましたが、多くの方がこの量にすら届いていないと思います。

そのためタンパク質を増やそうと思い、急にタンパク質を増やすのは危険です。

というのも、タンパク質はペプシンをはじめとする複数の消化酵素によってアミノ酸に分解されてから吸収されます。

しかし、急にタンパク質を増やすとペプシンの分解が間に合わず全てのタンパク質をアミノ酸に分解できません。

分解されていないタンパク質は、体にとっては異物と認識されてしまいます。異物には、免疫反応が起きます。免疫反応はアトピーの悪化を引き起こします。

タンパク質消化酵素のペプシンの分泌量は、タンパク質の摂取を継続することで増えていくのでアトピーは次第に落ち着いてきます。

従って、タンパク質を増やす時もゆっくり様子を見ながら増やしていきましょう。

ただし、ベジタリアンなどのタンパク質を普段からほとんど取っていない方は、いきなり体重(kg)×1.5gもとると危険なので、ほんの少しづつ増やして少なくとも1年以上かけて体重(kg)×1.5gをとるようにしましょう。

 

ちなみに僕は、一気にタンパク質を増やしすぎて痛いめを見たことは、アトピー完治の治療報告の記事で確認していただければと思います(^^;)

 

ところで、タンパク質の摂取を増やしながら、ステップ5で紹介した薬を減らす方法は、どちらも最初はアトピーが悪化しやすくなります。

こればかりは少しずつ着実に様子を見ながら進めていくしかありません。半年、1年、数年かかると思って、焦らないことだけ気をつけてくださいね。

 

タンパク質を多くとろうと思っても、なかなか食事だけでは補えないこともあります。

そんな時は、ホエイプロテインがオススメです。安いものならタンパク質100g取るのに約300円で済むものもあります。

実際には食事と合わせて100gのタンパク質を取れば良いので、1日のプロテイン摂取量は半分くらいになると思います。

プロテインならお肉や魚が苦手な人も手軽にタンパク質を摂ることができるので、ぜひお試しください。

最後にオススメのプロテインを紹介しておきますね。

値段重視ならコレ(タンパク質100gあたり約310円)

少々高いですが牛乳でお腹を壊しやすい方はこちら(タンパク質100gあたり約580円)

とにかくタンパク質が基礎になるので、タンパク質重視の食事を心がけてください。

次は、このタンパク質の効果をより高めるための方法をご紹介します。既に以前のステップで少し触れたこともあるので、勘の良い方なら気づいているかもしれませんね。

NEXT⇨アトピー完治のステップ7<症状を回復する糖質制限>

コメント