アトピー完治のステップ7<症状を回復する糖質制限>

アトピー完治に重要な、皮膚を作るタンパク質を食事に取り入れたら、その効果をさらに高めたくはないですか?

そこで重要になってくるのが、糖質制限です。

糖質制限をする事で、皮膚の劣化を防ぎ、新陳代謝で作られる新たな皮膚をより丈夫にしてくれます。

ステップ7は、どうやって糖質制限を取り入れていくかを紹介します。

高タンパク質による食事の効果を高める糖質制限

肌を悪化させる糖質

 砂糖ーイメージ

糖質が肌に悪い理由は、ステップ4で説明しました。糖質がタンパク質と結びつく事がタンパク質の劣化になるためです。

劣化したタンパク質は代謝で再利用されて皮膚などの細胞を作るのにも使われます。この劣化したタンパク質でできた肌は、本来より機能が落ちてしまいます。

この劣化タンパク質のもう1つの悪影響は、体の防御反応である免疫反応を起こします。この結果、劣化タンパク質でできた肌などの細胞が免疫細胞に攻撃されて壊されてしまいます。

こんな糖質をどれくらい制限すれば良いかと言うと、可能な限り減らすことが望ましいです。

糖質が多く含まれている食材には、お菓子、お米・パン・麺などの主食、果物があります。

いきなりこれらを全て食べないというのは、つらいダイエットのようなものです。つまり、続かない人がほとんどです。

なので、制限する優先度として以下のようになります。上の項目ほど制限を実行してほしい内容です。

1.お菓子を食べない
2.果物ジュースを飲まない
3.お米、パン、麺を食べない
4.果物は食べ過ぎない

お菓子を食べないことが最優先です。やめることができなくても量を減らしていきましょう。

僕の経験、お菓子を減らすだけでも高タンパク質をはじめとする食事改善の効果が出やすいです。

次に優先してやめるのが果物のジュースです。果物自体には食物繊維が含まれているため、体にとって有益な食材ですが、果汁のみは糖質の固まりになります。

少しづつ水、お茶、コーヒーなどに変えていきましょう。

日本人としてお米を全く食べないのはつらいですよね。けれど、お米も糖質を多く含んでいます。なんとお米の4割近くが糖質でできています。

ちなみに、僕は基本的にお米、パン、麺を食べません。それでも、ごくたまにお米やパンんを食べると本当に美味しく感じてまた食べたくなってしまいます。本当、お米、パン、麺って美味しいですよね!

優先度が最も低いのが果物です。果物については、上記でも述べましたが、糖質w含むものの食物繊維などの腸内環境をはじめとする健康によい面もあります。

従って、食べ過ぎない程度にしましょう。

僕は根っからのお菓子付きで、成長とともにお菓子を食べる量も頻度も増えてきました。けれど、お菓子も1ヶ月に1回食べるか程度まで減らすことができました。

お菓子の代わりにナッツ類や、ハイカカオチョコレートなどの糖質が少ないものを代わりに食べるようにしています。

いきなり全てを止めても、暴飲暴食をしてしまうくらいなら、継続できる方が効果があるので可能な範囲で徐々に減らしていきましょう。

美味しいご飯とパンで無理なく糖質制限

主食ーイメージ

徐々に糖質を減らすといっても、急に食卓からお米やパンが消えるのは寂しいと思いませんか?

僕はご飯が好きなので、お米やパンをやめた頃は、食卓のお米のスペースがポッカリ空いてしまい、心にもポッカリ穴が空いたように感じました。

けれど、あなたにはお米やパンが急に無くなる寂しさを味わって欲しくない。その上で無理なく糖質制限をして欲しいです。

僕は性格がストイックな方ですが、お米やパンを食べない期間がある程度続くと、どうしても食べたくなってしまいました。それでも我慢していたらストレスがたまり最悪の場合には、お菓子にまで手を伸ばしてしまいました。

だから、あなたには無理なく1日でも早くアトピーを完治するために糖質制限を取り入れて欲しいと思います。

そこで参考にして頂きたいのがこちらです。

あとは、あなたの行動があなた自身をアトピーを完治へ導いてくれます。

高タンパク質、糖質制限、これだけでもアトピーを完治できます。しかし、さらに完治を加速させるものがあります。

それを次のステップでご紹介します。

NEXT

オススメの記事

コメント