結局、アトピーに乳酸菌は効果があるのか?ないのか?

管理人自己紹介ページ↓↓
自己紹介

乳酸菌サプリをオススメしている僕の立場からすると、あまり大きな声では言えませんが、それでも誤解を恐れずに言うなら、、、

アトピーへの乳酸菌の効果は、あなたが期待するほど大きくはありません。

え、それなのに何で乳酸菌サプリなんて紹介しているの?、と思うかもしれませんが、乳酸菌サプリにも効果的な使い方があるんです。

その方法は、また後にお話しするとして、、、
コマーシャルで、乳酸菌がアトピーに効くとか、ニュースなどでも、「◯◯大学の研究でアトピーに乳酸菌が効果があると判明」、みたいな話がたまにありますよね。

アレって、コマーシャルやニュースを見る側としたら、その乳酸菌を飲むだけで、アトピーが治ってしまうような感覚になりませんか?

実際に僕は、そんなに乳酸菌が凄いのか!と思って、大きいサイズの400g入ったプレーンヨーグルトを2日で1パック食べていた時期もあります。笑

確かに、ヨーグルトを食べていた期間は、お通じの状態も良かったですが、ヨーグルト以外にも腸に良いことをしていたので、ヨーグルトのみによる乳酸菌の効果だけではないと思います。

でもお腹の調子が良かったのも事実なので、実際にヨーグルトなどに含まれる乳酸菌に、どの程度の効果があるか疑問に思ったので、いくつか乳酸菌に関する論文を調べてみることにしました。

乳酸菌とアトピーに関する研究は、ヒトを対象としたものだけでなく、マウスなどの動物を対象としたものや、同じⅠ型アレルギーに分類される花粉症を対象としたものなど、さまざまな対象について研究が行われています。

僕が今回調べた論文は、次のようになります。

  • 小児アトピーを対象:3本
  • 大人アトピーを対象:1本
  • マウスのアトピーを対象:2本
  • 一型アレルギー・便秘を対象:5本

この合計11本の乳酸菌に関する論文を調べました。全てを紹介すると、長くなってしまうので、この中から、小児アトピーと大人アトピーを対象とした、計4本の内容をわかりやすく紹介します。

カルピスでおなじみL-92乳酸菌に関する研究

L-92乳酸菌という言葉を聞いたことがありますか?

カルピス株式会社がサプリメントや乳酸菌飲料などで広告している乳酸菌です。

L-92乳酸菌は、アトピーによい効果があることが研究から分かっています。まずは、大元のカルピス株式会社が発表している論文からの紹介です。

小児アトピーを対象した2回の実験で効果を確認

カルピス株式会社の2つの研究をまとめた報告からの内容です。

1つ目の実験は、4〜15歳までの子ども20人を対象として、乳酸菌L-92で発酵させた乳飲料を飲んでもらいました。

L-92乳酸菌で発酵させた乳飲料の摂取前後を比較したところ、皮膚の症状や痒みの程度が改善したことが分かりました。また、血液中の好酸球(炎症を起こす細胞)の数も減っていることがわかりました。

2つ目の実験は、先ほどよりも人数が多く50人を対象としています。年齢は、1〜12歳までです。

実験方法は、殺菌処理したL-92乳酸菌を含む粉末と含まない粉末の2種類を用意して、乳酸菌を含む粉末を摂取するグループと含まない粉末を摂取するグループに分けて、結果を比較しました。

結果は、L-92乳酸菌を含む粉末を摂取したグループの方は、皮膚症状に有意な改善が見られました。

どちらの実験も小児アトピーにL-92乳酸菌が効果があることを示しています。

参考文献:Lactobacillus acidophilus L-92株の抗アレルギー作用について

やっぱり小児アトピーにL-92乳酸菌が効果あり

カルピス株式会社と岐阜薬科大学などが共同で発表した論文からの紹介です。

4〜15歳の小児アトピー20人を対象とした研究です。

実験は4ヶ月間の観察期間をもうけて、そのうち8週間だけL-92乳酸菌飲料を摂取してもらいました。

測定は、血液検査、糞便比較、症状の比較、ステロイド使用量について行い、乳酸菌を摂取している期間と、していない期間で比較を行いました。

実験の結果、乳酸菌飲料の摂取期間には、ステロイドの使用量が減ったことが分かりました。また、症状や痒みの程度においても、改善がみられました。

参考文献:アトピー性皮膚炎の治療における乳酸菌飲料の補助効果の検討

L-92乳酸菌は大人アトピーにも効果がある

横浜市の大学や医療機関などが共同で発表している報告からの紹介になります。

(この研究の著者にカルピス株式会社は含まれないので、完全に外部による客観性のより高い内容と言えるかもしれません。

アトピーの研究は、なぜか子どもを対象としたものばかりなので、大人を対象とした本研究のような報告があるのは、ありがたいことです。

対象は、16歳以上の50名の成人アトピーです。

方法は、L-92乳酸菌を摂取するグループと、摂取しないグループに分けて、比較試験を行いました。

測定項目は、4週目と8週目に血液検査や、重症度をスコアで表示するSCORADという世界的に用いられている方法を用いました。

試験の結果、重症度において改善がみられ、血液検査からアトピーの原因と考えられる成分も減っていたことが分かりました。

この研究からも、L-92乳酸菌が大人アトピーに効果があることを示唆しました。

参考文献:Lactobacillus acidophilus L-92による成人アトピー 性皮膚炎に対する有効性の検討

乳酸菌によるアトピーの改善効果はどれくらい?

ここまでのL-92乳酸菌についての内容を読むと、やっぱり乳酸菌ってすごいじゃん!って思いますよね。

たしかに、乳酸菌には一定の効果があります。

それは、メタ分析という様々な論文を集めて再実験する、最も信頼性が高いと言われる研究でも言われていることです。

ただし、ある小児アトピーを対象としたメタ分析の報告を正確に言うなら、乳酸菌はアトピーの治療よりも、発症予防効果において有効性があると報告されています。

この小児アトピーを対象としたメタ分析では、1997〜2007年までの小児アトピーと乳酸菌の研究を対象としているので、上記で紹介した内容は含まれていませんが、乳酸菌の効果が大きく変わるとは思えないので、乳酸菌のアトピー改善効果はあっても、そこまでは大きくないと推測することができると思います。

参考文献1:乳酸菌投与によるアトピー性皮膚炎患児への治療補助効果

参考文献2:Meta-analysis of clinical trials of probiotics for prevention and treatment of pediatric atopic dermatitis

乳酸菌をとる意味はあるの?

乳酸菌について理解が深まりましたか?

ここまでの内容だと、結局、乳酸菌は摂る意味あるの?ないの?と混乱してしまうかもしれません。

結論から言うと、効果はある。ただし、そこまで大きなアトピー改善効果は期待できない、という意見が正直なところですね。

というのも、アトピーの人の生活に乳酸菌を取り入れたからといって、急にアトピーが改善するかといえば、そんな都合のよい話はないと、誰でも分かると思います。

しかし、乳酸菌と、あるモノと組み合わせることで、乳酸菌の効果を上げることで、より大きなアトピー改善効果を期待できる方法があるんです。

ただし、この場合にとる乳酸菌は、アトピーへの効果が確認されているものの方が良いでしょう。上記で紹介したカルピス社のL-92乳酸菌も良いですが、僕がオススメするのは、菌のエキスパートである老舗日本酒メーカーの乳酸菌サプリです。

実際にマウスでのアトピー抑制効果も確認されている乳酸菌です。

先ほどもお伝えした通り、この乳酸菌だけでは効果が限られてしまいます。

そこで、先ほど触れたある方法を組み合わせることで、よりアトピー改善の効果が期待できます。

その内容については、オススメの乳酸菌サプリの紹介ページで紹介しているので、続きは下から確認してくだいさね。

⇨オススメの乳酸菌サプリレビューはこちら

また、なぜ僕がアトピー治療で乳酸菌サプリを勧めるのか、その理由は僕のアトピー歴を知っていただければ分かると思います。

僕のアトピーとの戦いは、自己紹介ページからご覧くださいね。

⇨自己紹介ページ

コメント