ちょっとした運動でもアトピーの改善が期待できる理由

管理人自己紹介ページ↓↓
自己紹介

運動が健康に良いことは様々なところで耳にしますよね。

アトピーも例外ではなく運動が適しているんです。

けれど、いざ何かしようと思ってもなかなか始める気になれないのが運動ですよね。

また運動を始めても続かないことが多いです。

これらの原因の1つは、運動がアトピー改善にもたらす効果を知らないことにあります。

人は、効果を知って何かをする場合と、効果を知らないで何かをする場合では、継続しやすさが異なることが分かっています。

当然ながら、効果を知っていた方が、明らかに物事を継続することができます。

あなたも経験的に思い当たる節があるのではないでしょうか。

運動においてもアトピーの治療に効果があることを知っていれば継続しやすくなります。

運動がもたらすアトピーへの効果を知り、あなたも運動を継続してアトピー完治に役立てて下さい。

運動で自律神経が整えばアトピーも改善する

運動とアトピーの関係の前提として、白血球と自律神経の関わりを知る必要があります。

簡単に復習しておきましょう。

白血球は体を細菌などの異物から守る免疫機能を持っていて、マクロファージ、顆粒球、リンパ球の3種類があります。

マクロファージ、顆粒球、リンパ球の数は1日の中でも変動しており、この変動に影響を与えるのが自律神経です。

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つがあります。

交感神経は活動する時に優位になり、副交感神経は休む時に優位になります。

交感神経が優位の時には白血球のうち顆粒球の割合が増え、副交感神経が優位の時にはリンパ球の割合が増えます。

アトピー性皮膚炎の原因は、白血球のうちのリンパ球の過剰な働きによって引き起こされるアレルギー反応と言われてます。

つまり、自律神経を整えれば、過剰なリンパ球の増加を防ぐことができ、アレルギー反応を最小限にすることができます。

アトピーの人は副交感神経が過剰になり自律神経が乱れていると考えられています。つまり、運動をして副交感神経から交感神経に切り替えることで、自律神経のバランスを整えることができます。

交換神経に切り替われば自然とリンパ球の数が減るので、アトピー反応も抑制されます。

僕の経験からも、副交感神経が優位になる自宅や夜ほど痒く、日中に仕事や運動をしている時は、交感神経が優位になるため痒みを感じにくいです。

また日中に痒みが襲ってきても、下記で紹介する簡単な運動をすることで痒みが収まります。

以上のことから、アトピーの場合、副交感神経が優位な傾向にあるため、それを改善するために運動が効果的だと分かります。

リンパ球などからなる免疫とアトピーのつながりも紹介しているので、参考にしてみてください。

運動してリンパ液が流れるとアトピーも改善する

運動がアトピーに良いもう1つの理由がリンパ系にあります。

リンパ系とは、体内の老廃物や細菌を処理する重要な役割を持っています。

リンパ系は、静脈に絡みつくように張り巡らされている管のことを言います。

リンパ系の管の部分をリンパ管、リンパ管の中を流れる血液をリンパ液と呼び、リンパ液の主な成分は血漿(けっしょう)とリンパ球です。

リンパ液には、細胞が放出した老廃物や細菌が含まれており、これらをリンパ節と呼ばれる細かい網目構造で捉えて、リンパ節でリンパ球処理をします。

そんなリンパ液の特徴の1つは、リンパ管の中で流れがほとんど無いことです。

つまり、リンパ液内の老廃物やウィルスが多くなりすぎると、それらがリンパ節に溜まります。この時、これらを処理できるのがリンパ球になります。

上記の章でも説明しましたが、リンパ球の過剰反応がアトピーの原因です。

したがって、リンパ節に老廃物やウィルスが溜まり、リンパ球が過剰反応する事でアトピーが悪化します。

これを回避するためには、リンパ液を動かす必要があります。

リンパ液を動かすには、運動やマッサージのように筋肉を動かす必要があります。

よって、継続的な運動がアトピー改善に効果的と考えられます。

運動して汗をかくとアトピーが改善する

運動をすると汗をかきますよね。汗には温まった体温を下げる役割に加えて、体内の毒素を排泄する効果が期待できます。

アトピーを引き起こすと考えられている毒素は体内で、もっというなら細胞レベルでアトピーという悪影響をもたらしています。

運動すれば汗と一緒に毒素が排泄されて、運動により新陳代謝がよくなり毒素にやられた細胞も生まれ変わることで、アトピーが治癒される効果が早まることが期待できます。

アトピーにオススメの運動

アトピーの改善にオススメの運動は、スクワットとバーピーです。どちらも、何も無くても、どこでもできる運動です。

スクワットは言わなくても分かるかと思いますが、バーピーは聞きなれない運動かもしれません。

バーピーの詳しい運動方法と効果はこちらをご参考にして下さい。
バーピー–パレオな男

簡単にバーピーを説明すると、腕立て伏せとスクワットとジャンプを組み合わせた運動です。

僕が久しぶりに運動をしようと思ってバーピーを始めたら、10回連続でできないくらいキツかったです。

それでも、全身を動かせるメリットがあるので、ぜひオススメです。

ちなみに運動を習慣化するためには、無理な目標を立てすぎないことが重要です。

例えばバーピーなら、1日1回やれば良いという目標なら出来ると思いませんか?

それくらいなら毎日簡単にできそうだと思えるくらいから始めることが重要です。

まとめ

運動をする事で、アトピーを引き起こしているリンパ球を減らすことができる

リンパ球を減らすには、運動などで交感神経を優位にすれば良い

リンパ節には、ウィルスや老廃物が溜まりやすいので、運動で流れを良くする

運動はスクワットやバーピーがおススメ

運動の習慣化は、毎日続けられるくらいの超簡単な目標にする

参考文献

まじめ」をやめれば病気にならない 簡単! 免疫生活術 
バーピー–パレオな男

コメント