節約!一人分350円で作る絶品ブイヤベース風ホールキャベツ

 一人暮らしや同棲を始めると、意外にお金がかかってビックリする人も多いと思います。
 そういった時に、まず取り組むのが節約ではないでしょうか。

 日常品を安く抑えたり、外食の頻度を控えたり、節水、節電、etc…と、
あらゆることで安く抑えようとします。
 最初は、頑張ろうと思い続きますが、日常生活や仕事でたまるストレスにより、
節約生活も大変に思うことはありませんか?

そんな節約生活でも、安く美味しいおしゃれな洋食が食べれたら、
だいぶ心の負担が軽減されると思いませんか?

そんな節約生活をがんばっているあなたに、
1人分350円で作れるフランス料理のブイヤベースをアレンジした、
レシピをご紹介します。

 

ブイヤベースとは

 ブイヤベースという料理名を聞いたことがあっても、
意外とどんな料理かを知らない方もいると思いますので、
簡単にご紹介します。

ブイヤベースとは、フランスのプロバンス地方の漁師さんたちの料理が起源と考えられています。
起源には、ギリシャから伝わった料理が基になっているなど、諸説あります。

プロバンス地方とは、フランスの地図でいう右下に位置しており、
地中海に面しており、有名な都市としてはマルセイユがあります。

 レシピの起源は、プロバンス地方の漁師さんたちが、
とれた魚で売りに出せないものを塩とオリーブオイルで煮込んだことが基になっており、
時代が進むにつれて、トマトやサフランやクミンシードなどスパイスが使用されるようになりました。

それが、更に進み現在のブイヤベースという魚介の煮込み料理になっています。

今回は、このブイヤベースの起源である、塩とオリーブオイルによる味付けのみで、
美味しくキャベツを頂けるようにアレンジしました。

 

材料

(2人分の材料)
鮭・・・2切れ(200円)
イカ・エビ・アサリの冷凍・・・100g(200円)
キャベツ・・・1玉の使いかけ(100円)
しめじ・・・1袋の半分
人参・・・小1本
玉ねぎ・・・小1個
長ネギ・・・1/4本
にんにく・・・1かけ
塩・・・小さじ1
水・・・600ml
オリーブオイル・・・大さじ1
(上記の鮭、キャベツ以外で合計200円)
※お店によって金額が前後する場合があります。

 

レシピ

1.キャベツの芯をくりぬいてから、1%食塩水(分量外)と一緒に鍋に入れて火を通します。芯にまで火が通ったら、お湯をきり冷水にさらします。

2.にんじん、玉ねぎ、長ネギ、にんにくをみじん切りにします。

3.2の野菜とキノコをオリーブオイルで炒めたら、
解凍したエビ・イカ・アサリを解答時にでてきた汁ごと入れて炒めます。

4.エビ・イカ・アサリに火が通ったら、水と塩を加えて煮立たせます。

5.1でゆでたキャベツを真ん中に入れ、周りにサケの切り身をいれて中火~弱火で煮込みます。鮭に火が通ったら味を見て薄いようなら塩を足して、濃いようなら水を足してさらに煮込んでください。

6.お皿に盛りつけて、食べる前にコショウを振って完成です。
(コショウを鍋に入れると、せっかくのコショウの香りが飛んでしまうので、
食べる直前に振るのがおすすめです)

 

このブイヤベース風は、調味料が塩だけでも、
魚介や香味野菜、キノコの風味を生かすことで、
深い味わいに仕上げることが出来ます。

塩しか使っていないと言われると、
驚くくらい香りも豊かで、
味もしっかりしています。

鮭の切り身に骨が無い場合は、
ゆでたキャベツの葉で巻くことで、
鮭のロールキャベツにもなるので、
ここからさらにアレンジを加えてみても美味しく食べれと思います。

 

その他の節約レシピも参考に見てみたい方は、こちらもどうぞ。
メインディッシュをプラス100円でイタリアンにする簡単調理法

 

コメント