1個200円前後の箱のチョコレートはどれが美味しいのか?

秋といえば、チョコレートを常温で保存しても安心になる季節!

チョコレートといえば、高級なものを見ればキリがないほどお高い。

「ちょっとした贅沢に」と思い買おうと思っても、

ボンボンショコラ(1口サイズのチョコ)ですら、

専門店では1個200~300円。

確かに艶や輝きを放つ見た目だったり、香りにはそのくらいの価値はあって然り。

それでも、一般庶民には

なかなか手が届かないわけです。

それなら、各製菓メーカーが作っているなかでも、

比較的高めの1箱200円くらいのチョコはどうなんだろうか?と思い、

食べ比べてみようと思います。

Charlotte(シャルロッテ)- 生チョコレート

包装が数種類あり、見た目の楽しみが感じれます。

チョコもお花が形作られており、男性よりも女性に喜ばれそうですね。

生チョコを薄いチョコレートで覆っているので、

食べたときは、チョコに歯が埋まるような食感です。

味は、甘さや苦みといったチョコの味にインパクトは無く、

後からチョコの香りを楽しむことができました。

emo(エモ)- ショコラ

赤いパッケージで目が惹かれますね。

新製法のを売りにしているそうですが、

一口かじるとソフトクッキーを食べているような感じで、

口に入ると体温で溶け出して、チョコレートのくちどけを感じます。

ソフトクッキーのような感じからの、くちどけという

2段階の食感を楽しむことができるのは面白いですね。

味は、甘さよりもカカオの苦みを重視した作りとなっていて、

食べ終えてもカカオの味が口の中に残ります。

Salon de Look(サロン ドゥ ルック)- ザッハトルテ

ザッハトルテといえば、オーストリア-ウィーンの

代表的なチョコレートケーキとして有名ですが、

ちょっとしたお家騒動的なことがあったことでも

チョコレート好きな方の中では、有名な話ではないでしょうか。

このザッハトルテ最大の特徴は、「アプリコット」

チョコレートケーキとアプリコットジャムの組み合わせ。

これを、1口サイズのチョコレートとして表現してくれたのは、

不二家さんに感謝ですね。

パッケージは、伝統的なお菓子を基にしているだけあって、

シックなデザインですね。

チョコ自体は、オーソドックスなボンボンショコラ。

味はというと、チョコレートとアプリコットでこんなに合うの!?という衝撃。

素直においしいと思ってしまいました。

アプリコットは香料のみで、原材料として杏子は使われていないのに驚き!

そして、香料だけなのか、、、と少々のショック(笑

甘すぎず苦すぎないチョコにアプリコットの香りがアクセントとなり、

これは大満足でした。

ホームページ

濃いガルボ - 深みカカオ

ガルボといえば、明治さんと広島大学が共同研究により開発された

チョコをしみ込ませたお菓子のパイオニア的存在ですね。

上記で紹介したemoとも似たような商品ですが、

食べてみると違いがはっきりと分かります。

emoは、かじりついたときにソフトクッキーの食感を感じて、

後はチョコのくちどけを楽しむものであるのに対して、

galboは、サクッというしっかりしたクッキーの食感と同時にチョコレートのくちどけを、

最初から最後まで口の中で共存して楽しむことが出来ます。

「濃い」と付くだけあって、チョコも中に隙間なくぎっしりと詰まってます。

味は、甘さ苦み、ともにインパクトはありませんが、

食感を最後まで楽しめるチョコですね。

ホームページ

HOBAL(ホーバル)- カカオソース

実は、これをテレビCMで見たときに気になったのがきっかけで、

この色んなチョコ比較をしてみようと思いました。

1粒で満足できるなんて、

嬉しいし、節約も出来てありがたいですね(笑

(箱の中に同包されている「ホーバルール」にも1日1個までと書いてありますね^^)

いざ実食!

見た目も確かに他と比べれば大きくですね。

ホーバルール通り、割らずに口へほおりこみます。

口の中で割ると、大量のカカオソースが出てきます。

そのまま、チョコを小さくかみ砕くことで、

ソースとチョコが絡み合う。

甘さの強い外側のチョコと、香り強い中のソースが合わさることで、

甘さと香りの角が取れたような味わいに。

(チョコとソースを別々で食べると、

甘味と香り、それぞれのインパクトがあります)

甘いチョコ好きの方は、Hobalが一番好きだと思います。

ホームページ

まとめ

各製菓メーカーが、しのぎを削っておりますが、

それぞれ特徴があり、僕たち一般消費者も楽しむことが出来ますね。

簡単に特徴をまとめると・・・

◆Charlotte(シャルロッテ)- 生チョコレート

パッケージと香りを楽しむチョコ

◆emo(エモ)- ショコラ

ソフトクッキーのような食感とくちどけのコントラスト(対比)を楽しむチョコ

◆Salon de Look(サロン ドゥ ルック)- ザッハトルテ

高級ボンボンショコラのようなおしゃれな味を楽しむチョコ

◆濃いガルボ - 深みカカオ

サクサクとくちどけの共存を楽しむチョコ

◆HOBAL(ホーバル)- カカオソース

一口で甘さとチョコ感を満たすチョコ

こんな感じにまとまるかなと思います。

参考にしてみてください(^^)

コメント