体を守る免疫からみたアトピー

管理人自己紹介ページ↓↓
自己紹介

アトピー歴が15年近くにもなるのに、アトピーについて知っていることが少ないのは僕だけでは無いと思います。

いままでの僕は、アトピーについて知っていることといえば、アトピー治療の表面的なことしか知りませんでした。

  • ステロイドで症状がおさまること
  • ステロイド以外にもプロトピックでも症状が収まること
  • ステロイドやプロトピックには、内容は分からないけど副作用があること
  • かゆみ止めの抗ヒスタミン錠剤があること
  • 皮膚科に行けば上記の薬を処方してもらえること

何1つアトピー治療で重要な本物の情報を知らなかったため、診察へ行っても、詳しく話を聞くわけでもなく、薬を処方してもらって終わりでした。

気づけばアトピーが再発してもう15年経ちます。アトピーが消えては出ての繰り返し。何も変わっていません。

このままではダメだと思い少しアトピーについて調べると、アトピーには医学的考えていくつかの原因があることや食生活がアトピーに影響することを知りました。

それでも、アトピーについてほとんど分かっていないに等しい状態です。

けれど、もう少し本を読んだりして勉強することで、更に深くアトピーについて知ることができました。

そこで、僕以外でもアトピーに苦しむ人に、そもそもアトピー自体がどういうメカニズムで生じているかを、少しでも分かりやすくお伝えしようと思います。

免疫からみるアトピー

免疫とは、一言でいえば体をまもるシステムです。

この体を守るシステムをになっているのが白血球です。白血球という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

ただ、アトピーと白血球がどのように関わっているのか疑問に思うかもしれません。

医学的にアトピーの原因とされる、遺伝、免疫機能低下、ストレスは、どれも白血球が関わっています。

なぜなら、アトピーと診断される原因となる皮疹(ひしん:肌表面にでる症状)は、体に異物となるウィルスと白血球が戦うことによって引き起こされているからです。

そんな体を外敵から守ってくれる白血球についてもう少し詳しくみると、更に3つの種類に分けることができます。

◯白血球の種類◯

  • マクロファージ
  • 顆粒球(かりゅうきゅう)
  • リンパ球

それぞれの役割を簡単にご紹介します。

免疫の元祖:マクロファージ

マクロファージは、体を守る免疫システムの元祖に当たります。

白血球には、マクロファージ、顆粒球、リンパ球の3つがあると言いましたが、顆粒球もリンパ球もマクロファージが進化したものと考えられています。

マクロファージの機能は攻撃・応援を呼ぶ・掃除の3種類です。

攻撃とは、体内に異物が入ってきたらすぐにそこへ行き、異物を食べて分解します。

応援を呼ぶとは、異物の処理効率を高めるために、他2つの白血球に応援を呼ぶための物質である免疫情報伝達物質(サイトカイン)を放出します。

掃除とは、顆粒球が異物と戦って残った死骸などもマクロファージは食べて掃除してくれます。

これら機能が白血球の基本であるマクロファージの働きです。

顆粒球

顆粒球は、マクロファージの異物を食べる力(攻撃力)が更に強くなったものです。

顆粒球の大きな特徴は、活性酸素を放出、異物との戦いで膿みになる、自然免疫の3つです。

顆粒球は異物と戦ったりして死滅するときに、活性酸素を放出して細胞を破壊します。いわゆるガン細胞のような死んだ細胞を作り出してしまいます。

異物との戦いで化膿性の炎症を起こします。皮膚近くでは膿みで体外に放出され、体内で生じた膿みはマクロファージに処理されます。

自然免疫とは、異物との戦いで異物の情報を記憶しないことを言います。

自然免疫の反対に獲得免疫があります。獲得免疫は、次にリンパ球の特徴の1つで戦った異物の情報を記憶することで、異物が次に侵入してきたときにより早く対処するための情報源になります。

ちなみに風邪などの一般的な症状の7〜8割が顆粒球の過剰が原因と考えられています。

リンパ球

リンパ球の特徴は、免疫反応・アレルギー反応、透明な液体(しょう液)、獲得免疫です。

免疫反応・アレルギー反応とは、顆粒球では対処できないウィルスを集めて処理する時に起きる反応です。

アトピーのような発疹(ほっしん)を伴うアレルギーにもリンパ球は関わっています。

漿液(しょうえき)は、臓器などの粘膜でウィルスと戦うと透明な液体を出します。風邪をひいたときのサラサラした鼻水が漿液です。

獲得免疫は、戦ったウィルスのを記憶することで、次に同じウィルスが侵入した時に素早く対応できるようにします。

 

アトピーでは、このリンパ球が深く関係していると考えられています。そこで、リアトピーとリンパ球の関係についてさらに詳しい情報も紹介していきますね。

まとめ

白血球には、マクロファージ、顆粒球、リンパ球がある。

マクロファージは免疫の基礎となる。

顆粒球は、異物を処理する力が強いが、自身が死ぬ時に活性酸素を放出して他の細胞を殺してしまう。これが、様々な病気の原因になる。

リンパ球は、顆粒球では処理できないウィルスを退治する。退治する時にアトピーのようなアレルギー反応を出す。

肌や免疫機能の低下、ストレス、遺伝というアトピーの原因を深掘りすると白血球がいて、白血球がウィルスと戦うことで、アトピーの発疹が出る。

参考文献

「まじめ」をやめれば病気にならない 簡単! 免疫生活術 

コメント

  1. […] 前回は、アトピーの原因〜白血球について知る〜をご紹介しました。 […]

  2. […] アトピーの原因〜白血球について知る〜アトピーの原因〜リンパ球を知る〜 […]

  3. […] アトピーの原因〜白血球について知る〜アトピーの原因〜リンパ球を知る〜アトピーの原因を知る〜免疫システムの仕組み〜 […]

  4. […] アトピーの原因〜白血球について知る〜アトピーの原因〜リンパ球を知る〜アトピーの原因を知る〜免疫システムの仕組み〜アトピーの原因を知る〜白血球と自律神経〜 […]

  5. […] あわせてこちらの記事もどうぞアトピーの原因〜白血球について知る〜アトピーの原因〜リンパ球を知る〜アトピーの原因を知る〜免疫システムの仕組み〜アトピーの原因を知る〜白血球と自律神経〜アトピーの原因〜リンパを知る〜 […]

  6. […] 白血球やリンパ球、そして自律神経について詳しく知りたい場合は、こちらもどうぞアトピーの原因〜白血球について知る〜アトピーの原因〜リンパ球を知る〜アトピーの原因を知る〜白血球と自律神経〜 […]

  7. […] あわせてこちらの記事もどうぞアトピーの原因〜白血球について知る〜アトピーの原因を知る〜白血球と自律神経〜アトピーの原因〜白血球と体の関係を知る〜 […]

  8. […] あわせてこちらの記事もどうぞアトピーの原因〜白血球について知る〜アトピーの原因〜リンパ球を知る〜アトピーの原因を知る〜免疫システムの仕組み〜アトピーの原因を知る〜白血球と自律神経〜 […]

  9. […] アトピーの原因となる自律神経、交感神経、副交感神経、リンパ球につての詳細はこちらをどうぞご覧ください。アトピーの原因〜白血球について知る〜アトピーの原因〜リンパ球を知る〜アトピーの原因を知る〜免疫システムの仕組み〜アトピーの原因を知る〜白血球と自律神経〜 […]

  10. […] あわせてこちらの記事もどうぞアトピーの原因〜白血球について知る〜アトピーを引き起こす現代社会の3つの原因 […]

  11. […] あわせてこちらの記事もどうぞアトピーの原因〜白血球について知る〜アトピーの原因〜リンパ球を知る〜アトピーの原因を知る〜免疫システムの仕組み〜 […]

  12. […] 合わせてこちらもどうぞアトピーと腸〜腸に良いちょっとした12の習慣〜アトピーの原因〜白血球について知る〜アトピーの原因を知る〜免疫システムの仕組み〜アトピーの原因を知る〜白血球と自律神経〜アトピーと腸〜腸内フローラとは〜 […]