アトピーを改善する腸内環境〜免疫力とアレルギー〜

アトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギーの原因は免疫異常と言われていますす。この免疫異常に関わっているのが、僕たちの腸内に棲む細菌たちです。

これまでにも免疫システムとアレルギーの原因や症状が起きるメカニズムについて紹介していきました。

しかし、アトピーの原因やメカニズムが分かったところで、日常生活でどのように対処すれば良いのかが分かっていませんでした。

ところが、腸内環境に視点を変えたら、アトピー性皮膚炎と免疫を改善する突破口が見えてきました。

そこで、腸内環境を整えることが、アレルギーや免疫の改善に繋がるということをご紹介していきます。

腸内環境と免疫

腸内環境と免疫

なぜ腸内環境が免疫と関わっているのかというと、体全体の免疫細胞の内の7割が腸内にあるからです。

なぜこれほどの免疫細胞が腸に集中してるのかというと、腸には口から入ってきた細菌やウィルスとじかに接するため、それだけ防御力が必要な場所になるからです。

実際、外敵となる細菌はご飯などの食事と一緒にも入ってきます。

つまり、腸のうち特に小腸は栄養と一緒に悪い細菌も吸収してしまう可能性があります。

ご飯の栄養と一緒に細菌を体が一緒に吸収してしまえば、体に悪影響が出てしまいます。これを防ぐために免疫細胞が腸に集中しています。

腸内には、このように免疫細胞と腸内細菌が共存しています。

従って、腸内細菌と腸内免疫の詳しいメカニズムは複雑なため分かっていない事が多いものの、腸内細菌が腸内免疫に刺激を与えて免疫力を高めていることは分かっています。

腸内細菌と免疫力の関係を示す例として、岡山県の小学校で発生したO-157感染があります。

この時、感染して入院した児童、入院はしなかったが下痢をした児童、何もなかった児童の3つに別れました。

具体的な検証はされていませんが、この要因としては腸内細菌の数や種類が多い児童は、何もなかったと推測できます。

それでは、どうしたら腸内細菌が増えるのでしょうか?

腸内細菌の種類と数を増やすには

腸内細菌の種類と数を増やすには

腸内細菌の種類と数が多いほど、アレルギーにかかりにくいことが分かっています。

出来ることなら、子どもの時から様々な菌に触れるようにしておくことが最善の対策です。

従って子どもの頃から過度のキレイな衛生状態暮らしていると、腸内細菌の種類が増えずにアレルギーを引き起こしやすくなってしまいます。

ここまでの話をまとめると、子ども以外では腸内細菌の種類を増やすことはできません

そこで大人になってから腸内環境を整える効果が期待できる3つの方法をご紹介します。

  • 除菌、抗菌、殺菌グッズを使わない
  • 食品添加物を排除して、食物繊維と発酵食品を食べる
  • 外に出て土や自然と触れる

いきなり全ての実践は難しいかもしれません、出来ることから試してみてはどうでしょうか。

腸の大敵:便秘と下痢

腸の大敵:便秘と下痢

腸内環境は、食べ物や生活習慣で良くも悪くもなることを前回紹介しました。

腸に悪い食べ物や腸に悪い生活習慣以外にも、腸によくないのが、便秘と下痢です。

便秘や下痢の原因にも、食べ物や生活習慣が関係していますが、それだけでなく仕事などの精神的なストレスも関係しています。

ストレスなどで交感神経が優位になると、腸の排泄活動が抑制されます。従って、便がうまく作らなかったり、腸の動きが落ちることで便秘や下痢を起こします。

ちなみに男性が下痢になりやすいのは、男性ホルモンのなかに便を緩くする働きをするものがあるからです。

反対に女性が便秘になりやすいのは、女性ホルモンの中に便を固める働きをするものがあるからです。

それでは、便秘と下痢がもたらす悪影響をみていきます。

便秘の悪影響

腸内に便が溜まるということは、腸内細菌の死骸や食べかすなどが溜まることになります。

死骸や食べかすからは、有害物質が発生します。

有害物質が腸から吸収されれば体全体に広がり肌荒れなどの悪影響が出ます。

また、有害物質が腸内環境を悪化することで腸内細菌のうち善玉菌がさらに減るという悪循環に陥ります。

腸内の悪循環には、ビタミンやホルモンの生成が抑制されるため、肌荒れ意外にも、口内炎、疲れが取れにくいなどの症状が出てきます。

下痢の悪影響

下痢は、生きている腸内細菌まで排泄されてしまいます。1回の下痢で腸内細菌の数が1/10にまで減ってしまうとも言われています。

腸内細菌が減ってしまえば、便秘の悪影響と同様にビタミンやホルモン不足になり肌荒れなどの症状が出ます。

下痢が何日も続くようなら、腸内細菌の減少が1/10では済まされません。便秘と同様に下痢も肌荒れなどを引き起こす要因になっています。

まとめ

アトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギーと免疫は、腸を通して繋がっている

腸内には体全体の7割の免疫細胞が集まっている

腸内細菌の種類がが多い方がアレルギーにかかりにくい

腸内細菌を増やす方法として過度な衛生を避け、土や自然と触れ、食品添加物を排除して発酵食品と食物繊維をとる

便秘や下痢がビタミンやホルモン不足を起こす

便秘や下痢が肌荒れなどの悪影響を体にもたらす

参考文献

「腸にいいこと」だけをやりなさい! −藤田紘一郎 著−

合わせてこちらもどうぞ
アトピーを改善する腸内環境〜腸に良い食べ物〜
アトピーの原因を知る〜免疫システムの仕組み〜

コメント

  1. […] 合わせてこちらもどうぞアトピーと腸〜腸に良い食べ物〜アトピーと腸〜免疫力とアレルギー〜アトピーと腸〜腸と肌のルーツ〜 […]