アトピーで植物性乳酸菌を摂るなら絶対にコンニャクも食べた方が良い理由

管理人自己紹介ページ↓↓
自己紹介

植物性乳酸菌がアトピーに良いらしいという話を聞いたことがありますか?

これに関しては、そうであるとも言えるし、違うとも言えるのが正確なところです。

理由は、また今度紹介するとして、もしあなたが日頃から、植物性乳酸菌を摂るようにしているなら、コンニャクを食べた方が良いです。

僕のグログを読んでくださっている方なら、コンニャクには水溶性の食物繊維が含まれているから、腸内環境に良いってことでしょ?と答えると思います。

たしかに、それもコンニャクを食べるべき1つの理由です。

しかし、コンニャクの効果はそれだけではなかったんです。

なんと、乳酸菌を生きたまま腸に届ける確率を高めてくれます!

これは、僕も最近になり論文から知った事実なので、かなり信頼性の高い情報だと思います。乳酸菌を取り入れている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

植物性乳酸菌への誤解

植物性乳酸菌という言葉を、ときどき聞くようになりましたが、断片的な知識が広がってしまい、本当に正しい知識を知っている人が、少ないんじゃないかと思います。

かくいう僕も断片的な知識に右往左往してしまうことがありました。その代表的な例が以前に紹介した植物性乳酸菌に関する記事です。

腸と皮膚の関係を紹介した記事の中で、植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌とは異なり、胃で死なずに腸まで届くと説明しました。

たしかに、これは部分的には正しいです。{参考文献:腸はぜったい冷やすな!(光文社新書)−松生 恒夫著−

また、実際にキムチから分離された乳酸菌は、生きたまま腸まで届いているという報告もあるくらいです。(参考文献:乳酸菌Lactobacillus Sakie HS-1のヒト消化管における生存性−茨城県工業技術センター−

しかし、植物性乳酸菌の中には、動物性乳酸菌よりも、胃で死にやす菌もいることも分かっています。(参考文献:Persistence of Orally Administered Lactobacillus Strains in the Gut of Infant Mice

つまり、植物性乳酸菌だろうが、動物性乳酸菌だろうが、乳酸菌の株(乳酸菌の種類)によって、胃での生存率や整腸作用の効果は、異なるということです。

なので、一概に「植物性乳酸菌は生きたまま腸に届くから良い」、とは言えないことになります。

ちなみに、植物性乳酸菌という言葉自体も、分類学上の正式な言葉ではないんです。これについては、また後日、植物性乳酸菌特集で紹介できたらと思います。

実験から解ったコンニャクの凄さ

植物性乳酸菌も、胃で死んじゃうなら意味ないじゃん!と思うかもしれません。

けれど、生きたまま腸に届けることができれば、菌種にもよるけれど、アトピー改善(免疫調整)効果だけでなく、整腸作用、食中毒防止といった効果を、より効率的に得ることができます。

なので、生きたまま腸に乳酸菌が届くことは、とてもメリットがあるんです。

そんな乳酸菌のメリットを引き出すために、登場するのがコンニャクです。

それでは、コンニャクにより、胃での乳酸菌の生存率が上がった実験をご紹介します。

この実験の背景として、コンニャクに注目したのは、2つの理由があります。

  1. コンニャクはアルカリ性食品で胃酸の酸性を弱められること
  2. コンニャクという食材は、ご飯からデザートなどへの応用範囲が広いこと

このような理由で行われた実験では、動物由来の乳酸菌と植物由来の乳酸菌、それぞれをコンニャクと組み合わせて使いました。

  • 動物由来の乳酸菌:Lactobacillus crispatus JCM8778(ヒトの便から分離)
  • 植物由来の乳酸菌:Lactobacillus plantarum OK1501(味噌から分離)

実験では、コンニャクと上記の乳酸菌を特定の条件で一晩培養してから、人工的に調整した胃液にひたし、0、30、60、90、120分後の乳酸菌の生存数を調べました。

比較するために、どちらの乳酸菌でもコンニャクを含まないタイプも用意して、同様の実験を行いました。

実験の結果は、どちらの乳酸菌も、コンニャクと一緒に培養した場合は、30分後もほぼ100%に近い数の乳酸菌が生きていました。

反対に、コンニャクを含まな乳酸菌の実験では、どちらの乳酸菌も30分後には生存数が0でした。

つまり、コンニャクと一緒に乳酸菌を摂ることで、胃液の酸で死んでしまう乳酸菌を減らすことができます。

したがって、より多くの乳酸菌を生きたまま腸に届けることができると言えます。

参考文献:こんにゃくを用いた乳酸菌の胃での生存率の向上

効率よく植物性乳酸菌を取り入れるコンニャクの食べ方

上記の実験から、コンニャクと一緒に乳酸菌を摂ることで、乳酸菌を生きたまま腸に届けることができ、より乳酸菌の効果を得ることができます。

ただ、この実験では、どうやって日常に取り入れれば良いのかという、具体的な方法までは紹介していなかったので、僕なりに日常にどうやってコンニャクを取り入れるのかを考えてみました。

ここで紹介する内容については、実験で証明されているものではないので、試してみて効果があれば継続してみてくださいね。

◯コンニャクの食べ方◯

  1. そのままコンニャクと乳酸菌食材(漬物など)を普段のように食べる
  2. コンニャクを小さくカットし、乳酸菌食材と和えてから食べる
  3. コンニャクを乳酸菌食材と一緒に一晩以上漬けてからたべる(例:コンニャクの漬物、キムチに混ぜる)

この中では、3番目の乳酸菌食材にコンニャクを漬けた状態が、実験の状態に最も近くなりそうですね。ただし、様々な要因が関わってくるので、3番目が一番良いと言えないのが、申し訳ないところです。

もし読者の方の中で、色んな方法を試してみて、ある方法でコンニャクと乳酸菌を取ったら、アトピーや体調、そしてお通じなどが良くなったということがあれば、ぜひ教えてくだいさね。

まとめ

まとめーイメージ

植物性乳酸菌が動物性乳酸菌よりも、生きたまま腸に届くというのは、半分正解で半分間違い。正しくは、菌株により異なる。

コンニャクと一緒に一晩培養した乳酸菌は、人工的な胃酸の中で30分は生き続けることができるので、コンニャクは乳酸菌を効率よく腸へ届けることができると考えられる。

漬物やキムチなどの乳酸菌を摂るなら、コンニャクと一緒に食べることで、生きたまま腸に届きやすくなる可能性がある。

もし、アトピー治療の一環として、乳酸菌に興味があるなら、お米由来の乳酸菌がオススメです。

この乳酸菌は、死んだ菌にも関わらず、アトピーの改善効果が報告されています。

詳細は、こちらから↓↓

手軽に始める乳酸菌アトピー治療

コメント