苦手なお酢を克服!酸味を生かした調理方法!

特に男性にはお酢が苦手な人が多いと聞きます。

家族にお酢が苦手だったり、ダメな人がいる場合は、それを気遣った料理にしなければならず、ご飯を作る度に気がかりになってしまうこともあるのではないでしょうか?

お酢は、たしかに独特のツンとした香りがあるので、それが苦手という方は多いと思います。

そこで今回は、そんなお酢のツンとした香りが苦手な人がお酢を克服するお助けが出来たらと思います。

 

お酢はなぜ臭いのか

お酢のツンとした香りの成分になっているのは、酢酸と呼ばれる物質です。

他の記事でも、酢酸が原因だよと書いたので、良かったらそちらの記事を見ていただければと思います。

 

関連記事:お酢が嫌い、けど白ワインビネガーならどうだろうか

 

酢酸が原因とわかった時点で、どう対処すれば良いのか?という疑問が出てくると思いますが、それは簡単です。

「お酢を118.1℃以上にあっためること」

なぜ118.1℃かと言うのは、その温度が酢酸の沸点だからです。
沸点とは、物質が液体から気体になる温度のことです。

118.1℃以上でお酢を煮詰めて、
酢酸のツンとする香りがしなくなれば、
十分に酢酸が抜けたお酢の出来上がりです。

ただし、水の沸点よりも高いので、
水分もだいぶ蒸発してしまいます。

また、酢酸や水以外にも、
お酢に含まれる美味しい成分たちも抜けやすくなるので、あまりオススメはできませんが、
もし軽くならお酢の香りも許容できる場合は、

お酢をあったかい料理に混ぜたり、
軽く熱するだけでも、酢酸が気化していきます。

これは、水が勝手に乾くのと同じ原理です。
水の沸点は100℃ですが、例えば夏の道路に水を撒いても気付いたら道路が乾いていることってよくありますよね。

あれは、道路の温度は100℃に立ってしていませんが、道路の熱が水に伝わって、液体から気体になる手助けをしているんです。

これと同じことがお酢に含まれるツンとした香りの元になる酢酸にも当てはまって、お酢が料理などと混ざって熱が伝わることで、一気に気化しはじめます。

そのため、料理にお酢をかけた直後に食べようとしたら、ツンとした香りがいつもより鼻に来たという経験をした人も多いと思います。

沸点以上に温度を上昇させない限り、完全に酢酸が抜けることはありませんが、
合わせる料理などの温度によっては比較的酢酸が抜けるので、どこまで許容できるのかを見極めてみて下さい。

 

ツンとしないお酢は美味しいのか

お酢のツンとする香りを克服できたとして、
そもそもお酢って美味しいの?という点に関してです。

これについては、
美味しいと結論付けて良いのではないでしょうか。

なぜなら、お酢を使った美味しい調味料や料理ってよくありますよね?

例えば、
ドレッシング、
マスタード、
マヨネーズ、etc…

日頃の中で、お酢の香りはしないけれど、お酢が使われていて美味しいものは、たくさんあります。

これ以外でも、お酢は苦手だけどポン酢なら大丈夫な人もいます。

これらのように、香りを抑えて他の食材と組み合わせることで、お酢の酸味が全体の味に絶妙なアクセントになることが、分かると思います。

つまり、お酢自体は、美味しいという結論になります。

これは、お酢の成分からもわかります。

主成分は、たしかにツンとした香りの酢酸ですが、お酢には酢酸以外にも様々な成分が含まれており、その中には数種類のアミノ酸やレモンなどに含まれるクエン酸、他にもお酢の原料となるお米や果物などに含まれる栄養素もしっかり入っています。

お米や果物って、美味しいですよね?
それなら、それらに含まれる成分が入っているお酢が美味しくなるのも頷けますね。

 

お酢の玉ねぎドレッシング

お酢は美味しいということがわかったので、お酢を使ったドレッシングをご紹介します。

作るのは非常に簡単何ですが、
野菜にかけると玉ねぎの甘さがとほんのり効いた酸味がサラダを美味しくしてくれます。

 

材料

オリーブオイル・・・大さじ1
塩・・・小さじ½
白ワインビネガー・・・小さじ2(お好みで調整して下さい)
玉ねぎ・・・小1個
砂糖・・・小さじ1/2

作り方

①塩と白ワインビネガーを混ぜてます。

②①にオリーブオイルを加えてしっかり混ぜます。オリーブオイルと白ワインビネガーが分離しなければ大丈夫です。

③玉ねぎをみじん切りにして、油(分量外)で色が薄い茶色に変わるくらいまで炒めます。
強めの中火で3〜5分くらいです。

④③の熱々の玉ねぎを②へ加えて混ぜます。
この時、酢酸が一気に気化し始めるので、
かなり強めの刺激臭がするので注意してください。

⑤香りと味を確認して、砂糖を加えて混ぜれば完成です。
お酢の香りが気になる場合は、1日置いてから使うと良いと思います。

 

 

日常の美味しい調味料に使われているお酢は、

使い方によって美味しくすることができることをより身近に知ってもらえたのではないでしょうか?

そして、お酢のツンとした香りさえ飛ばしてしまえば、

色んな料理へアレンジも出来そうではありませんか?

 

お酢の香りを飛ばして、美味しいお酢を料理に活かして美味しく食べていただければ幸いです。

また、美味しくお酢を食べる調理方法があれば是非教えて下さいね。

コメント

  1. […] 苦手なお酢を克服!酸味を生かした調理方法! […]