自己紹介

はじめまして、Rato(ラト)です。

このページをご覧いただいているということは、あなたも昔の僕ようにアトピーに苦しみ、悩んでいるんだと思います。

あれは中学2年生の夏でした。思春期の真っ只中でアトピーが再発しました。

最初にアトピーが出たのは、両ひざの裏でした。少したてば治ると思っていたけれど、気づいたら手におえない状態にまで悪化していて、あわてて皮膚科にかけ込みました。

そして、ステロイド軟膏を処方してもらいました。ステロイド軟膏を使うと、すぐにひざの裏の症状が消え安心しました。

でもこの安心もつかの間、薬をやめると、いつのまにか全身に症状が広がっていました。

特に顔はひどく、おでこは常にひび割れて、滲出液(しんしゅつえき)もしみ出ている状態でした。

かゆくてさわると皮膚がボロボロ落ち、気づいたら教室の机の上は、皮膚で真っ白でした・・・。

となりの席の女の子には、さぞかし嫌な思いをさせてしまい申し訳なく思いますが、当時は、周りに気を配る余裕なんて全くありませんでした。

毎日、ステロイド軟膏をべっとり塗っているのに、症状はいっこうに回復せず、生きている意味さえ分からなくなり、心も体もボロボロでした。

当時のことを振り返ると、今でも涙が出そうになります・・・。

ステロイド以外にも試したんです

アトピーに苦しめられながらも、いつかはきっと治るだろうという希望も心の奥底にはありました。

そのため、ステロイド以外にも、プロトピック軟膏を試したり、保湿剤だけにしてみたり、様々な塗り薬を試しました。

もちろん西洋医学だけでなく、東洋医学を代表する漢方も試しました。

当時はアトピーに効くものなら、何でも試しました。

けれど、症状の回復と悪化を繰り返すだけで、気づいたら15年が経っていました。

そして、ようやくあることに気づくことができました。

医者に頼るだけでなく、自らアトピーについて知ることが、アトピー治療の本当の一歩目になるんじゃないかと。

半年でステロイド軟膏を使わず乾燥肌が改善

アトピーについて学ぶなかで、薬に頼った治療や栄養の偏った食生活ではダメだと知りました。

そして、ようやくアトピー改善の糸口を見つけることができました。

その方法を行うと、ある日、手にあったアトピーが、ステロイド軟膏を使っていないのに良くなっていることに気づきました。

自分でもほんとうに驚きました。

15年間も苦しめられた乾燥肌とかゆみが、たった半年でステロイド軟膏を使わなくても良くなったんです。

あなたも一緒にアトピーのない生活を目指しませんか?

今では、更なるアトピー改善がすすみ、はたから見てもアトピーだとは分からないと思います。

昔は、見るに耐えないくらいひどかった顔も、アトピーの影はなく、むしろキレイな肌だねと言われるくらいです。

信じられないかもしれませんが、これは僕が体験した真実なんです。

僕は、実際に行い効果があった内容を、出来るだけ多くの方に参考にして欲しくて、このサイトを立ち上げました。

この方法は、アトピー治療において、かなり重要な要素の1つである、腸内環境へアプローチする方法です。

ただし、僕がオススメしている腸内環境を改善する商品は、全員に効果があるわけではないんです。

もちろん、効果が期待できない人もいます。

そこで、この腸内環境の改善する商品について、細かい部分までレビューを行いました。

本気で乾燥肌やかゆみを解決したい方は、まずレビューページをご覧くださいね!

⇨腸内環境改善サプリのレビューページはこちら