アトピーのケアには食事と石けん、そしてワセリン

管理人自己紹介ページ↓↓
自己紹介

あなたは、アトピーの肌に正しいケアをしていますか?

ステロイドなどの免疫抑制剤を使うことが、アトピーの肌ケアだと思っていませんか?

免疫抑制剤は、あくまでも症状を抑えるための薬であって、肌に優しいものではありません。

また、高価な化粧水を使うことで、しっかり肌をケアしていると思っているかもしれませんか?

肌に良いケアの方法は、高価な化粧品とは違いお金はほとんどかかりません。むしろ、処方してもらうアトピー薬よりも安く抑えられます。

さらに、肌に何かを塗るケア方法以外でも、肌に良い方法があるんです。

それでは、どんな肌のケア方法が、本当に肌に良いのかをご紹介します。

必要なのはワセリンと日焼け止めのみ

日焼け止めーイメージ

肌に塗る系のケアで必要なものは、ワセリン(保湿剤)日焼け止めだけです。

これは、アメリカ皮膚科学会が発表している内容です。他のどんな化粧品を使うよりも、保湿剤と日焼け止めだけで十分にケアができることを発表しています。

ちなみに、アメリカ皮膚科学会とは、アメリカで最先端の皮膚に関する研究結果が日々集まる組織です。

とても意外な結論ではないでしょうか。なぜ、ワセリンと日焼け止めだけで良いのか不思議ですよね。その理由がこちらになります。

ワセリンと日焼け止めだけで十分な理由

そもそも皮膚は、周期的にターンオーバー(古い皮膚が死んで、新たな皮膚が出来ること)を繰り返しています。

身体の部位や年齢によって、皮膚のターンオーバーの周期は異なりますが、定期的に新しい肌が出来ています。

つまり、肌が持つ機能を補う効果があればケア用品として十分な訳です。

その効果をもたらすのが、乾燥を防ぐ保湿剤のワセリン、紫外線などから肌を守る日焼け止めです。

従って肌を守るには、保湿剤と日焼け止めだけで良いことがわかります。

ワセリンと日焼け止めだけでアトピーは治せるのか
必要な肌のケア用品が明確になりましたが、ワセリンと日焼け止めだけでアトピー性皮膚炎は治せません
 
理由は簡単で、アトピーの原因が日常生活の中にいくつもあるからです。

ワセリンや日焼け止めで肌をケアできても、日常に潜むアトピーの原因に対処しなければ、アトピーは治りません。

(ついき:ただし、アトピー治療で重要な食事改善と並行してワセリンでケアすることでアトピーは改善していきます。実際に僕はかなり良くなりました)

ワセリンによるアトピーケア方法も紹介しているので参考にしてみてくださいね。

塗るタイプの肌ケアは、ワセリン(保湿剤)と日焼け止めで十分

皮膚をケアする石けん

石けんーイメージ

肌の乾燥が治らない時には、石けんを疑ってみると良いかもしれません。

石けんと言っても、ハンドソープ、食器用洗剤、洗濯洗剤、掃除用洗剤、ボディソープ、シャンプー、リンス、コンディショナーなど多種多様な石けんがありますよね。

毎日の生活の中で、石鹸を使わない日は無いくらい僕たちの生活に馴染んでいますが、アトピー性皮膚炎には大敵です。 

なぜなら、石鹸は僕らの皮膚表面に棲んでいる常在菌を9割も洗い流してしまうからです。

常在菌の働き
皮膚表面の常在菌は、皮膚のバリア機能を担う重要な役割を持っています。

常在菌は皮膚表面の脂肪を食べて脂肪酸の膜を作ります。この脂肪酸の膜には、保湿機能があり、皮膚から外敵(細菌など)が侵入するのを防いでくれます。

これだけ重要な働きをする常在菌ですが、石けんで洗い流されてから復活するまでに、どれくらいかかると思いますか?

一度洗い流されてしまった常在菌が復活するまでには、なんと12時間から18時間もかかります。この間は、皮膚のバリア機能は低下せざるを得ません。 

石けんを変えたこと、触れなくしたことによる症状の回復

僕の経験談ですが、食器洗いを素手で行なっていた時は、ステロイド軟膏を塗っていても手のアトピー が治りませんでした。

しかし、手袋をはめて食器を洗うようになってから、つまり石けんに触れなくなってからは、手にアトピーが出てもステロイドを使わずに症状を改善できるようになりました。

食器洗剤だけでなく、シャンプーを変えた時も効果がありました。

以前に市販のシャンプーで頭を洗っていた時は、頭皮がボロボロでしたが、無添加石鹸に変えただけで頭皮が剥がれ落ちることが無くなりました。

・肌になるべく石けんが触れないうようにする
・刺激の少ない石けんに変える

皮膚をケアする水

水ーイメージ

水を変えるだけでアトピーの症状が消える人もいます。

水が重要な理由

例えば、お風呂に入った時に、ヒリヒリとした痛みのような感覚を感じることがありませんか?

この感覚の正体は、水処理場で河川などの水を処理するときに使う塩素です。

塩素以外にも水道水には、除去した方が良い成分が何種類もあります。

僕が使っている浄水器は、安いタイプですが7種類もの成分を除去してくれます。

つまり、ただの水道水には多くの種類の身体に悪い成分が含まれており、これらが皮膚に刺激を与えます。

また、体内に取り込まれることでアトピーなどのアレルギーの原因にもなります。

いきなり浄水器をつけるのは、お金もかかるため抵抗があるかもしれません。しかし、塩素だけなら100円ショップの浄水器でも除去できるので、お風呂の蛇口などのよく使う蛇口で試してみてください。 

ちなみに、僕は飲み水用にも2000円くらいの浄水器を付けていますが、塩素臭が無くなるのが分かるくらい違いが出ます。

肌に触れる水や飲み水は浄水器を使う方が良い

皮膚をケアする腸内環境

腸ーイメージ

腸内環境と肌が関わっている事を知っていますか?

肌の状態を根本から改善するのに欠かせないのが、腸内環境です。

肌荒れを治す腸の役割

腸では、肌に必要な栄養素を食材から吸収する役割があります。 また、腸内環境が悪いと腸から悪成分が吸収されてしまい、それが全身に広がる事で肌荒れを引き起こします。

(追記:皮膚自体を強くするには、材料となるタンパク質の摂取も重要です。)

・腸内環境に棲む細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌がある
・腸に良い乳酸菌には、植物性と動物性がある
・発酵食品を食べて善玉菌を増やそう
・甘いものが欲しい時は、腸内細菌のエサになるオリゴ糖がオススメ
・良く噛んで食べて、腹8分目までで止めることが腸に優しい食べ方
・腸に良いサラダのレシピ

まとめ

まとめーイメージ

塗るタイプの肌ケア用品は、保湿剤と日焼け止めだけで十分

多くの洗剤が肌の常在菌を洗い流してしまい、皮膚のバリア機能を低下させる

水道水に含まれる残留塩素が肌へ刺激を与えるため、水道水には浄水器を取り付けることがオススメ

腸内環境を整えることで肌荒れを改善

参考文献

・腸はぜったい冷やすな! (光文社新書)松生 恒夫
・「腸にいいこと」だけをやりなさい!藤田 紘一郎
・腸が変われば人生が変わる 驚異の腸内フローラ田中保郎


コメント