15年アトピーに苦しんで知った3つのすべきこと

管理人自己紹介ページ↓↓
自己紹介

アトピー性皮膚炎が中学生で再発してから15年になります。

これだけアトピーと一緒にいるとアトピーに対する感覚が麻痺してきます。

例えば、見た目。たしかに恥ずかしさのような感覚はあるものの、症状がひどくなれば薬を塗ればいいやと、条件反射的に思います。

けれど、症状が悪化するということは、何かしらの原因が背景にあります。原因は専門的なことだから分からないと決めつけて考えようともしません。

他にも、同じ生活を繰り返していれば、例え薬で症状を抑えても、また症状が悪化するのは目に見えています。それにも関わらず薬を塗り続けます。

そして薬が終われば皮膚科へ通院して処方せんをもらいます。僕の以前の生活は何も考えずに薬で症状の悪化を抑える生活の繰り返しでした。

最大の後悔は、皮膚科の先生が治してくれると信じてアトピー性皮膚炎について、何も知ろうとしなかったことです。皮膚科医はアトピーを治す気すらないことも知らずに・・・

けれど、ある時ふと思いました。このまま一生アトピー性皮膚炎と薬と一緒に暮らさなければならないのかと。

そう思ったら、なぜか恐ろしくなり冷静にアトピー性皮膚炎と僕自身の環境を分析できるなりました。

そもそも、15年も同じ薬を使い続けていることがおかしい

そう思いませんか?

風邪とかインフルエンザでは、処方してもらった薬を飲めば症状はなくなりますよね。けれど、アトピー性皮膚炎は、薬を使っても何度となく症状が出てきますよね。

15年も経ってようやう、このおかしな話に気づきました。そこから、アトピー性皮膚炎について色々調べ始めました。そしたら、アトピー性皮膚炎を完治する糸口がいくつも見えてきました。

以前の僕は、ステロイドを毎日のように全身に塗っていました。しかし、アトピー性皮膚炎を自力で治すと決めてから6ヶ月が経った現在、顔の一部に数日おきにステロイド軟膏を塗る程度までに回復し、薬にほとんど頼らない生活が出来るようになりました

まだまだ全身に症状が出ているものの、薬を塗らなくても症状が悪化することは無くなり、部分的には薬を塗らなくても回復してきている箇所もあります

もしあなたも、これまでのアトピーとステロイドなどの免疫抑制剤と決別を考えているなら、やるべき3つのことを紹介するので、参考にしてみてください。

アトピーについて知る

アトピー について知る

アトピーについて正しい知識を知るには、自分で調べるしかありません。もし近くにアトピー性皮膚炎を完治させることを目的とする皮膚科があれば頼るのも1つの手段だと思います。

僕の場合、アトピー性皮膚炎を完治させることを目的にした皮膚科が近くになかったので、自力で調べるしかありませんでした。

そもそも通常の皮膚科でアトピー性皮膚炎を治そうと思っても完治させることは出来ません。これは断言できます。

なぜなら、現在の皮膚科が使っているアトピー 性皮膚炎の治療ガイドラインは、完治を目的にしていないからです。

治療ガイドラインが何を目的にしているかと言うと、「寛解」です。

寛解(かんかい)とは、完治とまではいかないが、生活に支障が出ない程度に症状が落ち着いている状態のことです。

言い換えるなら、ステロイド軟膏やプロトピック軟膏などの免疫抑制剤を一生塗り続けて下さいと言っているようなものです。

あなたも、皮膚科へ診療に行っても、ステロイドなどの薬を処方されて終わりではないですか?

つまり、薬の処方以上のことを皮膚科へ望むことは出来ません。

例え、アトピー性皮膚炎について聞いても、結局はガイドラインに載っている話か、他の免疫抑制治療の話になって終わりです。

根本的にアトピー性皮膚炎を治そうとしていないので、しょうがないと言ってしまえば、それまでですが。

けれど、アトピー性皮膚炎を本気で完治させようと思う人もいますよね。その場合は、自力でアトピー性皮膚炎について知る必要があります。

なぜアトピー性皮膚炎について知らなければならないのかと言うと、原因を知らなければ解決法が分からないからです。

ちなみに、アトピー性皮膚炎の明確な理由は、現代医学では完全な解明にまで達していません。この事実が、医者にアトピー性皮膚炎の完治を諦めさせる一因になっているのかもしれません。

原因が分かっていないなら、治せないのではと思うかもしれません。しかし、そうでもありません。

なぜなら、アトピー 性皮膚炎について分かっていることもあるからです。

つまり、アトピー性皮膚炎の解明が100%では無いものの、ヒントは分かっています。

例えば、

僕が約半年をかけて調べただけでも、アトピー性皮膚炎を治す手がかりはいくつもありました。

そして、アトピー性皮膚炎について知ることが完治の最初の一歩になる最大の理由は、アトピー性皮膚炎になる原因は人それぞれ異なるからです。

なぜ原因が人それぞれかと言うと、アトピーをひき起こす理由として自律神経の乱れが挙げられますが、この自律神経が乱れる原因が様々だからです。

ストレスの人もいれば、生活リズムによる人などもいるkらです。他にも、食生活の乱れや、空気汚染などが関係することもあります。

つまり、どれが原因かは分かりません。

そこで、アトピー性皮膚炎の原因の可能性を端から知り、それら原因に対処していくことが完治へ繋がります。

最初は、途方も無いことのように感じますが、あなたは幸運です。なぜなら、僕がこれまでに調べたアトピー性皮膚炎に関する内容をまとめているからです。

過去の記事を読んで頂ければ、アトピー性皮膚炎の基礎から知ることが出来ます。

記事を書くために読んだ本も、毎回の記事で参考文献として記載しているので、さらに詳しく知りたい方は本を読んでみてください。

アトピー性皮膚炎について知ることがまず第一歩と言ったものの、内容が多くて何からすれば良いか分からないと思います。

そんなあなたへ、効果の大小は人それぞれ異なりますが、万人に効果が期待できるアトピーを自分で治療するための第一歩をご紹介します。

生活面と食事面に分けて紹介するので、両方できる方は両方取り組んでいただき、いきなり両方が厳しいと思う方は、どちらか一方で良いので、出来そうと思う方から挑戦してみてください。

(追記:僕がアトピーを改善した方法をステップ形式で8つにまとめました。まずはこちらから読んでみるのをお勧めします。)

アトピー治療のための食事改善

アトピー治療のための食事改善

食べる量は腹8分目まで

食事に関するアトピー改善方法はこれまでにもいくつも紹介してきました。全てを挙げればキリがありませんが、どれも優劣つけがたい内容のものばかりですが、どれか1つを選ぶとすれば、この腹8分目です。

なぜ腹8分目を進めるのかと言うと、日常生活で最も取り入れやすいからです。

新たに何かを買う必要も無いし、日常の中で何かを新たに始める必要もありません。ただいつもの食事を腹8分目で止めるだけです。

腹8分目は手間いらずなだけでなく、なぜ最初にオススメするかと言うと、腹8分目が腸内環境の改善につながるからです。

なぜ腸内環境の改善が重要かと言うと、腸内環境が悪いとアトピー性皮膚炎の原因となる肌荒れを引き起こすからです。

僕自身、腹8分目の生活を始めてから、腸にガスが溜まる感覚(膨張感)が減り、体も軽く感じるようになりました。

そして何より、薬を使わなくてもアトピー性皮膚炎が部分的に改善するようになりました。

2019年2月11日撮影


2019年4月4日撮影

しかし、もしあなたが食べることが好きな場合や、一日中何かしら食べている場合は、この腹8分目で止めるのは意外に難しいかもしれません。

僕も、以前は夕飯前後にお菓子を食べたり、休日には常にお菓子を1日中食べ続けていました。しかし、腹8分目にしてお菓子を減らしたことが最も重要でした。

最初は夕飯を腹8分目で止めると、物足りなさから何かを食べたくなってしまいました。

そこで、あなたが腹8分目を取り入れた時に、夕飯後に何かを食べたくなった場合の対策についてご紹介します。

つい何かを食べたくなったら

  • 1週間のうち1日は腹8分目以上食べても良い日を作る
  • ご飯は良く噛んで食べる
  • 腸に相談する

◯1週間のうち1日は腹8分目以上食べても良い日を作る◯

いきなり、生活習慣を変えるのは心身ともにストレスがかかります。そこで、1日は自分に甘くなっても良い日を作ります。これによって、腹8分目が継続しやすくなります。

良く噛んで食べる◯

良く噛む事で脳が満腹のサインを感じやすくなり、いつもより少ない量でもお腹いっぱいに感じます。

良く噛む事のメリットは他にもあります。お米などのデンプン質は、唾液で消化が進むので、腸が消化する負担を下げることが出来るので腸内環境にも優しくなります。

◯腸に相談する◯

ふざけているの?という内容ですが、僕が読んだ本の1つに腸と会話することで、腸と仲良くなろうという内容が紹介されていました。

たしかに夕飯後に何かを食べたくなった時に腸へ意識を持っていくと、けっこう忙しく消化・吸収をしていて苦しそうにしていることを感じます。

この感覚を感じると何かを食べたいという欲求が弱くなり、何も食べずに就寝したり他のことが出来ます。

あくまでも主観的な内容なので、参考程度にしてみてください。

腹8分目までの食事は、普段からお菓子を食べ続けている人、ご飯を食べ過ぎてしまう人にとっては、アトピー改善の効果が出やすいと思います。

ただし、効果が出やすいと言っても数ヶ月の単位で観察した場合です。

腹8分目にしたら1週間でアトピーが改善というわけでは無いことを予めご了承ください。

また腹8分目だけでアトピーが劇的に改善するのは難しいと思います。

続いては、生活習慣の改善です。

アトピー治療のための生活習慣改善

アトピー治療のための生活習慣改善

毎日同じリズムで過ごす

生活習慣の改善は、やはり運動を最優先にしたいところですが、なかなか運動を始めることには抵抗がありますよね。

最初は、無理に運動を進めませんが、アトピー性皮膚炎の治療に本腰を入れるなら、軽い運動で良いので始めてみてください。

それでは、なぜ毎日同じリズムで過ごすことを最初にあげるのかを紹介します。

これも食事と同様に新たに何かを買ったりする必要もなく、さらに何かを新たに始める必要もありません。

ちなみに毎日同じリズムというのは、小学生の生活をイメージしてもらえれば伝わりやすのではないかと思います。

小学生は、朝起きてから寝るまで、毎日同じ時間に同じことをする生活をしていますよね。

同じ時間に起きて、同じ時間に登校して授業を受けて、帰宅後は遊んだり宿題をして同じ時間に寝ます。

なぜ同じリズムでの生活に効果があるかというと、自律神経が同じ生活リズムを好むからです。

自律神経のバランスが崩れると、免疫反応に悪影響がでてアトピー性皮膚炎を引き起こします。

また自律神経の乱れはアトピー 性皮膚炎以外にも、頭痛やめまい、動悸など、体のあらゆるところこ不調が出てきます。

自律神経を簡単に説明すると、心身のオンとオフを自動で切り替える体のシステムです。

生活リズムが毎日同じなら、心身のオンとオフの切替も負担なく行われます。

あなたも、出勤時間や登校時間がいつもより早くなった時に、疲れやだるさを感じたことがありませんか?

寝起きと同じように、自律神経も毎日同じ時間に切り替わる方が楽なんです。

従って、夜更かしをして寝る時間が不規則になると自律神経のオンとオフの切り替えが上手くいかず、免疫機能に悪影響がでます。

毎日同じリズムで生活することは、当然ながら毎日の生活リズムがバラバラな人ほど効果が出やすいです。

ただし、効果は人それぞれで、1週間で効果がでるということではなく、数ヶ月単位での改善が必要です。

まとめ

アトピー性皮膚炎を「完治」させるには、あなた自身がアトピー 性皮膚炎を知る必要がある

アトピー性皮膚炎は一般的な皮膚科では完治できない、完治させる気がない

アトピーの自己治療で最初にやるべきこと食事編:腹8分目

アトピーの自己治療で最初にやるべきこと生活編:同じリズムで生活

アトピー治療は継続が大事、いきなり全てをやろうとしない

継続するためには自分に甘くすることも大切

コメント

  1. […] 合わせてこちらもどうぞアトピーを治す腸内環境の育て方アトピーと腸〜腸に良いちょっとした12の習慣〜アトピーを自力で治す時に最初にやること […]