どんな薬でも治せないアトピーは自然に治す

この記事を書いた人
Rato

中学生でアトピーが再発。
青春の10代20代の15年間はアトピーに苦しめられる。
薬による治療に限界を感じ、アトピーや健康に関する本や論文を読みあさり、1年でアトピーを治してしまった。
気づいたらアトピーのプチ専門家くらいの知識がたまり、アトピーで苦しむ方へ情報と経験を紹介している。

Ratoをフォローする

アトピー性皮膚炎と診断されて、皮膚科に通い続けて15年近くになります。

なんとなく、「いつまで皮膚科通院とステロイド剤を塗り続けなければならないのだろうか」と思ってからアトピーについて調べ始めると、アトピーの治療方針が2つあることを知りました。

1つの方針では、アトピーは完治しないという前提の治療(皮膚科での治療)で、肌が落ち着いた状態を保ち続けることを治療の目的にしていました。

もう1つの方針では、アトピーは完治するといいますか、
勝手に症状が消えてなくなるという前提の治療となっています。

僕のように10年以上に渡りアトピーに悩まされていると、今までの治療に疑問を感じてくると思います。

そういった方の参考にしていただければと思います。

 

西洋医学(現代医学)治療

一般的な皮膚科での治療は、西洋医学をもとに治療を進めていきます。

皮膚科に限らず、内科などの他の診療所でも西洋医学を基本としています。

西洋医学の特徴は、症状にあった薬を処方することで、その症状を回復させます。

アトピー治療においても、ステロイド軟膏やプロトピック軟膏が処方されます。

僕は、プロトピック軟膏を塗ると皮膚が熱くなり痒くなるため、ステロイド軟膏のみを使っていました。

西洋医学の最大のメリットは、症状がすぐに消えていくという点にあります。

アトピーだけでなく、他の症状でも薬を使うことで、症状を抑えることができますよね。

僕の場合は、中学2年でアトピーが再発して、ステロイド軟膏を使ったら、1週間もしないうちに症状が回復しました。

瞬時に症状を回復できる一方で、デメリットもあります。

ステロイド軟膏などの薬だけではアトピーを完治できないことです。

多くのアトピー患者がストロイド軟膏を長年使用し続けている事実からも分かりるかと思います。

この事実に加えて、何より驚きなのが、日本皮膚科学会が公表している「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」にはアトピーが完治するという記載はなく、むしろアトピーは一生付き合っていく病気というニュアンスで記載されています。

つまり西洋医学ではアトピーは治せませんと言っています。

以下、アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより引用

治療の最終目標は、症状がないか、あっても軽微で、日常生活に支障がなく、薬物療法もあまり必要としない状態に達し、それを維持することである。

このことからも分かるように、西洋医学によるアトピー治療方針では、そもそもアトピーを完治しようとしていないことがわかります。

最初に、疑問に思った「いつまで皮膚科通院と薬による治療を続けるのか?」という疑問の答えがここで一旦出ました。

その答えは「一生」です。

アトピー性皮膚炎診療ガイドラインで、いまの治療を続けてもアトピーが完治しないと知った時は、ショックでした。

けれど、西洋医学を責める必要はありません。

西洋医学では、臨床実験に基づき効果が証明された物を使用します。

事実、ステロイドで一時的にではあっても症状を抑えることができることも事実です。

西洋医学では治せないと分かり、インターネットでアトピーを検索すると、いくつかアトピーが完治した例もありました。

さらにアトピーについて調べてみると、西洋医学以外の治療方針があることを知りました。

この治療方針では、アトピーは必要がなくなれば、勝手に消えるという非常に興味深い方針でした。

自然療法(現代医学以外の治療)

アトピー性皮膚炎は皮膚の病気ではなく、自律神経の乱れや、肝臓、腎臓などの臓器の機能低下により、皮膚から毒素や老廃物が出てくきたものという考えに基づいています。

つまり、アトピーは体内の毒素や老廃物が無くなれば、
勝手に症状が消えていくことを意味します。

皮膚から毒素や老廃物が出ているという実験データについての記載は確認できないことが信頼性に欠ける点ではあります。

しかし、複数の書籍を読む中で、「皮膚から毒素や老廃物が出る」という考えは、何人かの医師や自然療法師の方が言及されていたので、全く信頼性が無いとも言えないと思います。

事実、ニキビという皮膚表面から脂が出てくる症状を知っているため、皮膚から毒素や老廃物などの体に不要なものが出ており、それがアトピーと言われる症状になっていることも充分にあり得ます。

皮膚からの排毒については置いておいて、結局は体内から毒素にあたるものが出れば、アトピーは治りますよということです。

ぼくの体験から言っても、お菓子の食べ過ぎが毒素になりアトピーを悪化させることが分かっています。

この自然療法の特徴は、西洋医学で用いる薬は全て毒としており、ステロイド軟膏などの薬を使わずに、食事や精神面を正すことで、アトピーを消します。

なぜ食事や精神面の回復をするかというと、食事や日々の生活でのストレスにより自律神経が乱れます。

すると臓器がうまく働かなくなることが原因で、便、汗、呼吸、鼻水などで毒素や老廃物を出せなくなり、その結果として体内に溜まってしまいます。

アトピーの人は皮膚がもともと弱いため、皮膚に毒素の影響が出てアトピーという症状になりますが、
気管支の弱い人は喘息の症状になると言われています。

自然療法は、体内の毒素や老廃物を処理する内臓や、ストレスと関わりの深い自律神経を、食事などの生活環境を改善することでアトピーを消すので時間がかかります。

西洋医学の薬のような即効性は期待できません。

人によって、数ヶ月で治る人もいれば数年単位で改善が必要な人もいます。

自然療法は、アトピーがなくなるというメリットの一方で、西洋医学に比べて即効性がないことはデメリットに見えてしまいます。

しかし、そのデメリットでさえ、個人的には自身のこれまでの生活を省みる良い機会だと思います。

甘いもばかり食べ、寝る前の間食なども多く、症状の悪化とステロイド塗布の繰り返しで自分の体に負担ばかりかけていました。

アトピーになるのは必然だったということです。アトピーが治らない生活を治すからこそ、アトピーも治ります。

アトピー治療の最初は、薬ではなく生活改善からですね。

ぼくが目に見えるほどアトピーを改善した生活習慣については、ステップ形式で紹介しているので参考にしてみてくださいね。

まとめ

現代の西洋医学ではアトピーは治せないかもしれませんが、西洋医学を全て否定はできないことも事実だと思います。

ステロイドの即効性により、一時的にでも見た目が回復することによるストレス軽減は、僕も感じているメリットです。

しかし、完治はできないという事実は残ります。

もし西洋医学の薬治療に限界を感じたら、自然療法に目を向けてみるのも1つの選択肢だと思います。

薬の治療を全て辞めてしまうのではなく、薬治療と自然療法の割合を5:5にしてみるのも1つの方法だと思います。

  • 即効性・非完治–西洋医学
  • ゆっくり・完治−自然療法

僕は、いきなりステロイド薬を止めることはできないので、自然療法で体を回復させながら、徐々にステロイドを減らしていくことをやってみようと思います。

ここまでに紹介したことが、
アトピーの皆さんの少しでもお役にたてば幸いです。

尚、アトピーの治療に関してインターネットでは、
スピリチュアル(アトピーに感謝するとアトピーが治る)的なことでアトピーが治るという情報もありましたが、個人的に根拠が不十分だと判断して、基本的に記載してありません。

それでもスピリチュアルであるでアトピーが治る理由を科学的に考察してみたので、興味があればご覧下さい。

自然療法参考図書

アトピーが教えてくれたカラダのこと
アトピー解放宣言

 

コメント